Menu
(0)

Search

殺人鬼ブギーマン、オリジナルの演者で復活!2018年版『ハロウィン』、ヒロインとの最後の対決描く

https://twitter.com/jamieleecurtis/status/908760232016322560

傑作ホラー『ハロウィン』(1978)で殺人鬼ブギーマン/マイケル・マイヤーズを演じたニック・キャッスルが、40年の時を経て、『ハロウィン(原題:Halloween)』(2018)に同役で再びカムバックするようだ。

この独占スクープを報じたのは、映画『V/H/S シンドローム』(2013)などの映像製作も手掛けるホラー専門メディアBloody Disgusting。同メディアによれば、近年は監督・脚本家としても活躍している俳優のニック・キャッスルが、リブート版『ハロウィン』で、再び殺人鬼ブギーマン(本名マイケル・マイヤーズ)を演じるという。

幼少時に実の姉を殺し、精神病院から脱走したマイケル・マイヤーズがハロウィンの夜に起こす凄惨な連続殺人を描いた1978年版『ハロウィン』は、元祖スプラッター・ホラーとも言える作品。惨劇を逃れ、かろうじて生き残った女子高生ローリー・ストロードは続編となる『ハロウィン2』(1981)『ハロウィン・レザレクション』(2002)にも登場している。ローリー役のジェイミー・リー・カーティスは2018年版『ハロウィン』にも出演が決定しており、今作ではローリー・ストロードとマイケル・マイヤーズの最後の対決が描かれるようだ。
なおジェイミー・リー・カーティスは以前Twitterにこんな画像を投稿している。

同作でメガホンを取るのは、ポール・ラッド主演『セルフィッシュ・サマー』(2013)のデヴィッド・ゴードン・グリーン。脚本はダニー・マクブライドが手掛ける。メーキャップ及びVFXを担当するのは、『スーサイド・スクワッド』でメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞したクリストファー・ネルソンだ。

映画『ハロウィン』は、2018年10月19日に全米公開予定。

(文:まだい)

Source: http://bloody-disgusting.com/movie/3475714/original-shape-actor-playing-michael-myers-halloween-2018-exclusive/
https://twitter.com/jamieleecurtis/status/908760232016322560
Eyecatch Image:https://twitter.com/jamieleecurtis/status/908760232016322560

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly