アメコミ大好き!我らがニコラス・ケイジ兄さんにピッタリなヒーロー役を考えてあげる会

皆様はニコラス・ケイジという俳優にどんな印象をお持ちですか?

完全に筆者の個人的な見解ですが、そののっぺりとした長い顔、やや残念なヘアスタイル、その割にシレッとハンサムなモテ男の役柄を多く演じるところ、ここ数年のフィルモグラフィー、「大丈夫なの?」と心配になる私生活などから、一流のアクターでありながら世間的にはやや軽んじられることが多いのではないか、と思います。

この項では、それら『軽い』扱いをあえて不当だと主張し、親しみを込めてニコラス・ケイジを応援する主旨のもと、少しだけいじらせて頂くものであります。

ちょっと想像していただきたい、知り合いの自称映画好きに好きな俳優を問われて、あなたが「ニコラス・ケイジ」と答えたときのそいつのリアクションを。鼻で笑ったりしてませんか?おかしいでしょ?オスカー俳優ですよ?
君は『リービングラスベガス』や『ロードオブウォー』観たのかと。『キックアス』のビッグ・ダディ役なんかもうサイッコーだったじゃないですか。そりゃ最近パッとしないなんて言われたらそうかもしれませんが、ここ数年の彼の主演映画のタイトルをざっと書きだしてみると

  • 『ゴーストライダー2』
  • 『ハングリーラビット』
  • 『ゲットバック』
  • 『フローズングラウンド』
  • 『トカレフ』
  • 『ラストリベンジ』
  • 『レフトビハインド』
  • 『ザ・レジェンド』

・・・もうお分かりですね?そう、ニコラス・ケイジという俳優は、アクション・スリラー・サスペンスといったいわゆる『ジャンル映画』の出演にしか興味がない(それしかオファーが来ないのかもしれませんが)、それらの映画を大好物する我々は、尊敬と親しみをこめて『僕らのニコラス兄さん』と言ってしかるべき存在なのです。あいにく、上記に羅列した作品はどれもクオリティの面ではイマひとつなものが多いですが、浪費癖がたたって借金まみれになって、全車種揃えていたというフェラーリコレクションまで全て手放すような窮地に陥っても、一発逆転を狙って精力的にジャンル映画を作り続けるニコラス兄さん。愛さずにはいられません。

まだニコラス兄さんを応援する気になってない方にさらに言い募ると、そもそもご存知の方が多いと思いますが、ニコラス・ケイジという俳優は『アメコミ好き』で知られております。それも生半可なものではなく、彼の所有していたアメコミコレクションは、出版の歴史において貴重なものが多く、オークションでなんと160万ドル(日本円で1億6000万円)の価格がついたそうです。

また、親日家のガレージキットコレクターとしても知られており、来日のたびに『まんだらけ』でフィギュアの爆買いをして帰るそうで、彼のLAの自宅の玄関先には日本で購入した40万円の『ガメラ』が鎮座しているそうです。
しかも、息子にスーパーマンの本名である『カル=エル』という名前をつけちゃったりもしています。

なんだか凄く親近感が沸いてはきませんか?今月発売の映画秘宝に、ギンティ小林さんがニコラス兄さんに電話取材してそのあたりのことを聞き出している楽しいインタビューが掲載されていますので是非ご覧ください。

その特集記事でも触れられていますが、前述のようなアメコミ愛から、ニコラス兄さんは昔からアメコミ映画への出演を好む傾向にあり、『キックアス』や『ゴーストライダー』の他にも、幻に終わったティム・バートン監督『Superman Lives』というスーパーマン映画で主演のスーパーマンを演じることが決まっていたりしました。この企画は幸か不幸か、スタジオのGOサインが出たにもかかわらず頓挫しましたが、さすがにニコラス支持派の此方としましてもちょっと待てと。スーパーマンですよ?髪の毛どうするの?
そして、本人が熱望しているにも関わらず一切話が進まない『ゴーストライダー3』の件もそうです。確かにニコラス兄さん主演の1と2、いわゆる大衆受けはイマイチでも『凄く好きだ』というファンが多いことも把握していますが、ここにきて『ゴーストライダー』リブートが、ノーマン・リーダス主演で、なんて噂が流れてくる『そっちは格好良さそうだな』なんて思ってしまうのは致し方ありません。
映画秘宝のインタビューを読むと悲しいかな、ニコラス・ケイジ本人はジョニー・ブレイズ続投を諦めてはいないようですが。

精力的な彼のことです、このまま放っておくと、現在絶好調のMCUやDCEU、ワーナー製作のX-MEN映画からあぶれているヒーローを引っ張り出してきて、あんまり似合わないのに主演して、またアメコミ映画の黒歴史を1ページ増やしてしまいかねません。それは、我々にとっても、ニコラス兄さんにとっても良い状況とは言えませんので、あえてニコラス兄さんにピッタリなアメコミヒーローを提案してみたいと思います。あくまで遊びですので、広い心でお読みください。

ニコラス兄さんにピッタリなアメコミキャラクターを考えてみよう

http://www.aceshowbiz.com/still/00000811/ghost_rider11.html

http://www.aceshowbiz.com/still/00000811/ghost_rider11.html

まず考える上でネックになるのがニコラス兄さんの年齢です。御歳52歳。これであらかたのヒーローは候補から消えてしまいます。ガーディアンズオブギャラクシーのグルートやロケットの声を演じたブラッドリー・クーパーやヴィン・ディーゼルのような出演方法もありますが、それはこの項の趣旨からすると『逃げ』になりますので除外します。そして、あんまりマイナーなキャラクターも、映画製作として実現味が薄いという観点から、除外されます。そして、ニコラス・ケイジという俳優の特性というか味、真面目そうに振る舞ってもどこか漂うちょっと間の抜けたとぼけた雰囲気、これも当然考慮しなくてはなりません。以上のようなことを懸案して、DCユニバースとマーベルユニバースからそれぞれ一人ずつ、『このキャラクターはニコラス・ケイジに多分合っている』というキャラを挙げてみます。

シックスパック

http://dc.wikia.com/wiki/File:Sixpack_06.jpg

http://dc.wikia.com/wiki/File:Sixpack_06.jpg

まずDCからは、セクション8のリーダー、シックスパック!史上最低のヒーローチーム、セクション8を率いるこれまたどうしようもなくダメダメなおじさんシックスパック。もうヒーローって単語を使うのもどうかと思いますが、セクション8のコミックスの面白さと、いくらでも続編を作れそうな連続性、映画の題材としての『セクション8』は大きな可能性があると思いますし、この作品の持つメタ要素の受けの良さは、映画『デッドプール』が証明済みです。

ジャスティスリーグやスーサイド・スクワッドの向こうを張ったダメヒーローチーム、何かとシリアスになりがちなDCEUに、完全なコメディ映画があってもいいのではないでしょうか。ニコラス兄さんも若いころとは異なりかなりお腹でてますし、彼のもつ味は、コメディでこそ真価を発揮すると思うのですが。

リード・リチャーズ

http://comicvine.gamespot.com/forums/battles-7/reed-richards-vs-brainiac-5-chess-647401/

http://comicvine.gamespot.com/forums/battles-7/reed-richards-vs-brainiac-5-chess-647401/

それでもニコラス兄さんは男前の役をやりたがりますかね?そんな時はマーベルから、ファンタスティック4のリーダー、リード・リチャーズなんかどうでしょうか?ファンタスティック4は、マーベル最古のヒーローチームとして根強い人気がアメリカ本国ではあり、実写化は何度もコケて、もうやめとけよって言うのに忘れたころにリブートされるという不死鳥のような存在です。事実昨年リブートされましたが、盛大にこけて批評家やファンに叩かれまくったので、あれの続編はないでしょう。

リーダーのリード・リチャーズは、その特殊能力こそゴム人間と地味ですが、マーベルユニバース最高の知性の一人として、トニー・スタークやプロフェッサーXと並んで『イルミナティ』という最高会議のメンバーに名を連ねたりしています。マーベルを代表する重要キャラの一人です。
ただこの『イルミナティ』、最高の知性集団というわりには、プロフェッサー以外は人格的にも能力的にもちょっと間が抜けてるというか、選択を間違ってばかりの連中ですし、リード本人も、最高の知性を謳ってる割には、結構ミスが多く、その辺の人間臭さがニコラス兄さんの味とマッチするような気がします。年の頃もいい感じですし。何よりあの敵にゴム体質を逆手に取られてやられた時のビヨーンと伸びきった感じとニコラス兄さんの長い顔の親和性が高いのではないでしょうか。

いったい何のためにこれを書いているのかわからなくなってまいりました。が、ニコラス・ケイジの映画愛、そしてアメコミ愛が、誰もが望む形で近い将来結実することを祈念しまして、この項を終えたいと思います。だらだらと長い駄文、失礼いたしました。

Eyecatch Image:https://brightside.me/wonder-people/13-celebrities-and-their-doppelgangers-from-the-past-113105/

About the author

1977年生まれ。週刊少年ジャンプ脳のクリーチャー愛好家。玩具コレクター。エンドレスダイエッター。「意識低い系」の文章を信条としています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。