Menu
(0)

Search

ニコラス・ケイジ、『ジャスティス・リーグ』感想を求められた際の語彙力ジャスティスな回答が話題に ─ 『ダンケルク』には熱いレビュー

ジャスティス・リーグ
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

90年代にお蔵入りとなった幻のスーパーマン映画『Superman Lives』で主人公スーパーマン役を演じるはずだった俳優のニコラス・ケイジは、2017年の『ジャスティス・リーグ』の感想を実にジャスティスな語彙力で表現した。Varietyのインタビューで答えた。この回答を、CinemaBlendComicbook.comはこぞって抜き出して伝えている。

「楽しかったと思う」

ニコラス・ケイジといえば、愛息子にスーパーマンの本名カル=エルと名付けるほどの筋金入りのスーパーマン・ファン。そんなニコラスは、「以前、スーパーマンを演じる流れもありましたね。『ジャスティス・リーグ』は観ましたか?」と尋ねられると、次の短い答えを残した。

「観たよ。楽しかったと思う。うん、楽しかったと思う。…それだけですけど(笑)」

恐らくインタビュワーは、思った以上に話が広がらなかったと感じたのだろう。なんとか追加の質問で何かを引き出そうとするのだが…。

──まだスーパーマンを演じたいとは?

「いや全く。」

──きっと良いスーパーマンを演れると思いますが。

「センキュー。」

ダンケルク』大絶賛

ちなみにニコラス、この質問の直前に2017年のベスト映画を尋ねられると『ダンケルク』と回答し、その魅力を余すこと無く語っている。熱量と語彙力の違いをご確認いただきたい。

「『ダンケルク』、やられましたね。荒々しく、カットが次々と切り替わる。最小限の会話、非常に優れた空撮に素晴らしい演技。そして独創的で深くエモーショナルで、とても感動的。僕が観た戦争映画史上でも五本の指に入る。大画面で観なかったことが悔やまれますよ。(クリストファー・ノーラン)監督が望まない形で鑑賞してしまったんです。しくじったなぁ。だって、もう70mmでは観れないでしょう。劇場での上映は終わってしまったし…。」

なおこのインタビューでニコラスは、「ニコラス・ケイジ・ムービーでお気に入りはありますか?」との質問に「ありません。すべて僕の子供のようなもの。もし一作を選んだら、他が妬いちゃうでしょう」との名回答も残している。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly