Menu
(0)

Search

名優ゲイリー・オールドマン、マーベル映画に出演希望「息子が出てほしいって言うんですよ!」

ゲイリー・オールドマン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/13925515511/

数々の映画でその個性と実力を存分に発揮する名優ゲイリー・オールドマンが、ついにマーベル映画に逆オファーを出した。
2018年1月21日(米国時間)、第24回全米映画俳優組合賞のレッドカーペットに登場したゲイリーは、マーベル映画への出演意欲を、米PEOPLE誌に対してストレートに語っている。

ゲイリー・オールドマン、子煩悩な名優

4度にわたる結婚・離婚を経て、2017年にジゼル・シュミット氏と5度目の結婚を果たしたゲイリーには、現在3人の息子がいる。一人は1989年生まれ、あとの二人はティーンエイジャーだ。ゲイリーがマーベル映画への出演を希望するのは、息子の強い希望によるもののようである。

「マーベルは僕を呼んでくれませんね。でも、みんながその話をしてくれて、もしも彼らが僕に気をかけてくれたら……。息子が出てほしいって言うんですよ!」

マーベル・スタジオは、これまで多くの名優たちを映画に起用してきた。『アイアンマン』(2008)のジェフ・ブリッジスに始まり、『マイティ・ソー』シリーズのアンソニー・ホプキンス、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011)のトミー・リー・ジョーンズ、続編『ウィンター・ソルジャー』(2014)のロバート・レッドフォード、『アントマン』(2015)のマイケル・ダグラス、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)のカート・ラッセル、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)のマイケル・キートン……。しかし、未だ出演オファーはゲイリーのもとに届いていないようだ。

彼の息子のみならず、マーベル映画でゲイリーの演技を観てみたい、と考える映画ファンは決して少なくないだろう。いずれも重要な役柄を任されてきた名優たちは、その充実した演技でキャラクターに厚みを加え、映画全体を引き締めているのだ。ゲイリーの演技をもってすれば、新しい魅力が映画に加わることは間違いない。もしくは『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)のジェフ・ゴールドブラムのように、俳優の知られざる一面が飛び出してくる可能性も……。
「みんながその話をしてくれて」と彼自身が語っているように、多くのファンがゲイリーの出演を求めれば、その声はきっとマーベル・スタジオに届くはずである(#MARVELFANSUNITEDの件を忘れてはならない)。

なおヒーロー映画ファンには十分周知の事実だが、かつてゲイリーはDCコミックス作品『ダークナイト』3部作(クリストファー・ノーラン監督)にてジェームズ・ゴードン警部補を演じている。しかし、同じくDC映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)に出演したローレンス・フィッシュバーンは、2018年公開『アントマン&ワスプ(原題:Ant-Man and the Wasp)』にてマーベル・シネマティック・ユニバースに参戦するだけに、どうやら過去の出演歴はまったく関係ないようだ。

では、もしもゲイリーがマーベル映画に登場するとなれば、一体どのキャラクターがふさわしいだろうか? 想像するなら自由である、ぜひ今後の可能性に期待をふくらませることにしよう。

Sources: http://people.com/movies/sag-awards-2018-gary-oldman-marvel-movie/
http://comicbook.com/marvel/2018/01/22/gary-oldman-marvel-studios-movie/
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/13925515511/ )

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly