Menu
(0)

Search

ギレルモ・デル・トロ監督最新作、米公開日が決定 ─ アンドリュー・ガーフィールド主演映画&デル・トロ製作のホラー映画も

ギレルモ・デル・トロ ブラッドリー・クーパー ケイト・ブランシェット
[左]Photo by Georges Biard https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Bradley_Cooper_avp_2014.jpg [中]Photo by GuillemMedina https://en.wikipedia.org/wiki/File:Guillermo_del_Toro,_Festival_de_Sitges_2017.jpg [右]Photo by Joan Hernandez Mir https://www.flickr.com/photos/146461623@N05/27924434047

『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)などで知られるギレルモ・デル・トロ監督最新作『ナイトメア・アリー(原題:Nightmare Alley)』の米国公開日が、2021年12月3日に決定した。これとあわせて、本作を含む米サーチライト・ピクチャーズ配給作品ラインナップの公開日に関する情報が発表されている。米Deadlineなどが伝えた。

『ナイトメア・アリー』は、ウィリアム・リンゼイ・グレシャムの同名小説を、エドマンド・グールディング監督が映画化した『悪魔の往く町』(1947)のリメイク作品。以前、デル・トロ監督自らが2021年12月の封切りを予告していたが、このたび公開日が正式に決定となった。

主演はブラッドリー・クーパーとケイト・ブランシェット。このほか共演者には、『キャロル』(2015)ルーニー・マーラ、『スパイダーマン』シリーズなどのウィレム・デフォー、実写版『モンスター・ハンター』(2021年3月予定)のロン・パールマン、『シェイプ・オブ・ウォーター』のリチャード・ジェンキンスと、豪華な面々が集結した。

同じくサーチライト・ピクチャーズ作品より、『 V/H/S シンドローム』(2012)『ザ・リチュアル いけにえの儀式』(2017)などのデヴィッド・ブルックナー監督作『The Night House (原題)』が2021年7月16日、ジェシカ・チャステイン&アンドリュー・ガーフィールド共演の伝記映画『The Eyes of Tammy Faye(原題)』が2021年9月24日に公開されることが決定した。

また、公開日が大幅に繰り下げられていた『荒野の誓い』(2017)スコット・クーパー監督のホラー映画『Antlers(原題)』は、2021年10月29日に公開となる。同作には、デル・トロ監督がプロデューサーとして参加している。ちなみに、無期限の公開延期とされているウェス・アンダーソン監督最新作『The French Dispatch(原題)』に関する情報は伝えられていない。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly