『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』コミックで続編刊行!ジャックのペット・ゼロが主人公の物語に

ティム・バートン原案・製作、ヘンリー・セリック監督による伝説のミュージカル・アニメーション作品『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(1993)の続編が2018年に製作されることがわかった。しかし25年ぶりの続編となる今回は映画ではなくコミックでの登場だ。音楽のないコミックの世界で、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の物語はどのように続いていくのだろうか?

続編となるコミックのタイトルは『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス/ゼロズ・ジャーニー(原題:Nightmare Before Christmas: Zero’s Journey)』。前作の主人公、ジャック・スケリントンのペットである“幽霊犬”ゼロが、クリスマス・タウンで迷子になってしまうストーリーだという。

本作は、かつて日本のコミックの海外翻訳などを手がけ、現在はディズニーと提携して映画のコミカライズなどを行っている出版社「TOKYOPOP」から出版される。
今回の『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』続編でライター(原作)を務めるのは、同社の作品でライターを幾度となく務めてきたD.J.ミルキー。作画は『遊☆戯☆王』シリーズで知られる漫画家・高橋和希が率いるスタジオ・ダイスが担当する。なお続編の製作に、オリジナル版の原作者であるティム・バートンが関与しているかどうかは不明だ。

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス/ゼロズ・ジャーニー』は、フルカラーで各話が連続刊行されたのち、フルカラーのペーパーバック版、モノクロの「ポケットサイズ・マンガ版」の2種類が発売されるという。2018年春の刊行開始を目指して製作は進行されているということだ。

なお「TOKYOPOP」はディズニーとの提携事業を広げており、ディズニープリンセスとのクロスオーバーが話題となった少女漫画『Disney’s きらら☆プリンセス』(2005-2008)の英語版刊行のほか、その続編の製作も予定しているようだ。そちらの続編は主人公きららがムーラン、ポカホンタス、そして『メリダとおそろしの森』(2012)のメリダと出会う物語になるとのこと。『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』より、こちらのニュースに驚いた人もいるのでは……?

Source: http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/nightmare-before-christmas-follow-up-coming-comics-1025184
Eyecatch Image: Actual set from Nightmare Before Christmas as seen at the El Capitan Theatre / Loren Javier ( https://www.flickr.com/photos/lorenjavier/4045651264 )

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。