Menu
(0)

Search

レイア姫のCG再登場は無し─ ルーカスフィルムが異例の公式見解を発表

スター・ウォーズ』レイア姫役キャリー・フィッシャーの死を受け、撮影を控えた『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』でレイア姫がCGで登場するのでは、という噂や希望的推測に対し、ルーカスフィルムが公式見解を発表した。公式サイトStarWars.comではこの発表を、「私たちは通常、ファンやメディアの推測に対して対応することはありませんが」との書き出しから始めていることから、この対応が異例であることがわかる。同サイトではこのように続けている。

「キャリー・フィッシャー演じるプリンセス/将軍レイア・オーガナをデジタルで演じさせるつもりはありません。」

ルーカスフィルムは、『ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー』に故ピーター・カッシングが演じたターキン提督を、外見がよく似たイギリス人俳優ガイ・ヘンリーの顔をデジタルで書き換えることにより再登場させた。メディアやファンは、同様の手法で『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』にレイアがCGにより登場するのではないかと予想していた。

ルーカスフィルムによる以下の見解を読むと、レイアをCGで蘇生することは、長きに渡っての友でありファミリーのひとりであるキャリーへの敬意を損なうと考えられているように見られる。思えば、『ローグ・ワン』でのターキンの再登場に対しても、倫理的な疑問が全くなかったわけではない。

「キャリー・フィッシャーは、これまでも、今も、そしてこれからもルーカスフィルム・ファミリーの一員です。彼女は私たちのプリンセスであり、将軍であり、そして最も重要なのは、私たちの友人なのです。私たちは今でも、彼女を失ったことを辛く思っています。彼女との想い出、そしてレイア姫としての伝説を大切に考えています。私たちは、彼女がスター・ウォーズに与えてくれたすべてに対し、ずっと敬意を払って参ります。」

この発表を受け止めるとすれば、残念ながら『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』にレイアの姿は登場しない、ということになってしまう。別の代役にレイアを演じさせることは考えにくいだろう。とすれば、『エピソード8』の物語上でレイアに重大な出来事が起こると想像できるのではないだろうか。

キャリー・フィッシャーは、既に『エピソード8』の撮影は完了していたと報じられている。

Source:http://www.starwars.com/news/a-statement-regarding-new-rumors
Eyecatch Image:https://youtu.be/6tF8PvCWMX4
© Disney
TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly