『ローグ・ワン』“最恐”ダース・ベイダーの活躍シーン、実は再撮影パートだった。俳優も別人を起用

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で編集を務めたジョン・ギルロイが、同作の新事実をまたしても明らかにした。映画を観た誰もが胸躍ったであろう、“史上最恐”のダース・ベイダーが活躍するシーンが、再撮影シーンのひとつだったというのだ。

『ローグワン / スターウォーズ・ストーリー』再撮影、思ったより深刻な模様…脚本書き直し、新監督の登場

【注意】

この記事には、映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のネタバレが含まれています。

—–

—-

ジョン・ギルロイは、再撮影のキーパーソンであるトニー・ギルロイの弟で、『ローグ・ワン』の編集チームには遅れて参加している。再撮影の決定後、2016年の夏に「新しい目が欲しい」という理由でチームに招かれた人物なのだ。以前にもジョンは、『ローグ・ワン』の過酷な編集現場について語ったことがある(詳細は以下の記事をご覧いただきたい)。

『ローグ・ワン』最大の戦場は編集室だった!再撮影から編集まで、製作の裏側をスタッフが証言

Yahoo! MOVIESの取材で、ジョンは、『ローグ・ワン』のクライマックスに用意されたダース・ベイダーのアクション・シーンは追加された部分だと話している。奪われたデス・スターの設計図を取り返すべく、突如現れたベイダーが反乱軍の兵士にライトセーバーを振るっていく、あの場面だ。

「ベイダーのアクション・シーンは素晴らしい追加シーンだよ。彼が船に乗り込んできて、反乱軍の兵士を即座に殺していくところさ。方向がまとまった少し後だったな。すごい衝撃を受けたし、ファンが観たかったシーンだと思うよ」

もっとも、ジョンが編集チームに加わった時点で、惑星スカリフでの戦いの終わらせ方、エンディングへのつなぎ方はある程度決まっていたようだ。ジンとキャシアンが手に入れた設計図のデータは反乱軍のもとへ送信され、データがコピーされたディスクが、ベイダーの追跡をかわしてレイア姫の手に渡る。ジョンの知る限り、「プランは変わっていない。基本の構造はすでにあった」という。

またジョンによれば、ベイダーのアクション・シーンを再撮影するため、スタジオはベイダーのスーツ・アクターをキャスティングし直していたという。クライマックスでベイダーを演じているのは、俳優・スタントマンとして活躍するダニエル・ナプロス。『ハリー・ポッターと死の秘宝』やドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』などの作品に参加しており、映画やドラマに登場する馬をトレーニングする専門家でもあるという。

http://edition.cnn.com/videos/sports/2015/12/21/game-of-thrones-horses-naprous-orig.cnn

http://edition.cnn.com/videos/sports/2015/12/21/game-of-thrones-horses-naprous-orig.cnn

以前THE RIVERでは、『ローグ・ワン』でベイダーを演じた男としてスペンサー・ワイルディングという俳優をご紹介した。彼がベイダーを演じたのはオーソン・クレニック(ベン・メンデルソーン)との会話シーンのみ、ということになりそうだ。

『ローグ・ワン』で最恐のダース・ベイダーを演じた俳優、「未だに夢じゃないかと頬をつねる」

それにしても、裏話が飛び出すほど、『ローグ・ワン』が元々どんな映画だったのかが気になってくる。あのラスト10分間すらも現在のバージョンと別物だったなら、いったい当初はどんな風にエンディングを、どんなラストシーンを迎えるはずだったのだろう? ほんのわずかでも、ソフト化の折には映像を収録してほしいところだが……。

ちなみにベイダーのアクション・シーンは、ファンの手によって、レゴを使って恐ろしいクオリティで再現されている。ぜひこちらもチェックしてほしい。

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は劇場公開中

source: https://www.yahoo.com/movies/how-darth-vader-got-his-groove-back-in-rogue-one-thanks-to-last-minute-tweak-123552848.html
Eyecatch Image: http://www.thisisinsider.com/rogue-one-darth-vader-scenes-2016-12
© Disney
TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。