『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に新キャラの登場はなし!でもキャプテン・マーベルは出るかも?

2018年公開の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を監督するアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟が、インタビューで『インフィニティ・ウォー』での新キャラの登場について述べた。

これは女優アナ・ケンドリックが、マーベル・コミックのスーパー・ヒロインであるスクイレル・ガールを演じたいと発言したことに端を発するものだ。エドガー・ライト監督がTwitterでこの発言を支持したり、「もしもケンドリックがスクイレル・ガールを演じたら」というファン・アートがウェブ上で公開されたりするなど話題となっていた。

ルッソ兄弟、今いるキャラで手一杯


『インフィニティ・ウォー』でケンドリックがスクイレル・ガールを演じる可能性について、ジョー・ルッソ監督は「完ぺきなキャスティングだと思いますし、アナ・ケンドリックの大ファンなんですが」と前置きしてからこう話している。

「僕たちは今いるキャラクターで物語を作るので手一杯。もし新キャラを追加しようものならアンソニーが過労死しますよ。」

またルッソ兄弟は、以前『インフィニティ・ウォー』には67名のキャラクターが登場することを明かしていた。しかし真実か冗談か、その人数に変化があったという。

「そうそう、66名に減ったんです。『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』に出てきたドクター・ファインを覚えてます? 彼が登場しないことになったんです、あまりにギャラが高くて。」

ちなみにドクター・ファインとは、ジョー監督が自ら演じたキャラクターである……。

キャプテン・マーベルについては黙秘

もっとも、「今いるキャラで手一杯」と述べたルッソ兄弟だが、ブリー・ラーソンが演じると発表されたキャプテン・マーベルについては微妙なリアクションを示している。アンソニー・ルッソ監督はインタビュアーに対してこう述べたのだ。

「(『インフィニティ・ウォー』に)多分キャスティングされてるんじゃないかな……。あなたは知らないんですか?」

さらにアンソニー監督は「黙秘しなきゃいけないことですね」と答えてもいる。マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が『インフィニティ・ウォー』へのキャプテン・マーベルの登場を否定したにもかかわらず、ルッソ兄弟がきっぱり否定しないのはどういうことだろうか?

ファイギ社長とルッソ兄弟の発言から現実的に考えると、おそらくキャプテン・マーベルは『インフィニティ・ウォー』につづく『アンタイトルド・アベンジャーズ(仮題)』に登場するものと思われる。単独映画に先がけて、『インフィニティ・ウォー』のエンドクレジット後に登場する可能性もあるだろう。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年5月4日全米公開予定で、つづく『アンタイトルド・アベンジャーズ(仮題)』は2019年5月3日全米公開予定。ちなみにキャプテン・マーベルの単独作品は2019年3月8日に全米公開予定だ。

source: https://www.yahoo.com/movies/the-russo-brothers-endorse-anna-kendrick-for-squirrel-girl-plead-the-fifth-on-captain-marvel-in-infinity-war-164829403.html
Eyecatch Image:http://www.comicbookmovie.com/captain_marvel/rumor-has-captain-marvel-found-a-director-in-indie-filmmaker-emily-a141413

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。