Menu
(0)

Search

ソダーバーグ犯罪映画『No Sudden Move』米予告編 ─ ベニチオ・デル・トロ&ドン・チードル&デヴィッド・ハーバーら豪華共演作

https://youtu.be/7GRDLX3a-IE

ベニチオ・デル・トロドン・チードルデヴィッド・ハーバーら豪華共演、スティーブン・ソダーバーグ監督による新作映画『No Sudden Move(原題)』より米国版予告編が公開された。監督ならではの謎が謎を呼ぶ展開や演出に注目だ。

『No Sudden Move』は1954年、アメリカ・デトロイトを舞台にした犯罪映画。何者かに一時的に雇われた犯罪者たちは、雇い主からの依頼である書類を盗むために任務に繰り出すことになる。ところが、次第に計画は思わぬ方向に展開し、大失敗に終わってしまう。破綻した計画を前に犯罪者集団は、「一体誰に雇われたのか」「目的は一体何なのか」と捜査を開始することになる。やがて犯罪者たちは、人種問題や急速に変化する都市のあらゆる問題に巻き込まれていく……。

公開された予告編では、ハードボイルドな雰囲気に包まれる中、謎の男から雇われた犯罪者たちが目的の書類入手のため、標的の家に大胆にも正面から突入する姿が捉えられている。母と息子を銃で脅し、あとは書類を奪うだけの簡単な任務のはずだったが、どうやら問題が発生した様子だ。「何があったんだ?」「俺たちは何をさせられているんだ?」。

何のために行っていることなのか。状況が掴めないまま、犯罪者たちは何者かの指示の通りに、激しさが増す任務を遂行していくことになる。「なぜこんなことをするんだ?」「私のものを手に入れるためだ」。『オーシャンズ』シリーズのソダーバーグ監督らしい、一筋縄ではいかない展開や、ハードボイルドな雰囲気に期待が高まるばかりである。

出演者にはほか、『ベイビー・ドライバー』(2017)などのジョン・ハム、『ハムナプトラ』シリーズのブレンダン・フレイザー、『グッド・フェローズ』(1990)レイ・リオッタ、『プレデター』(1987)ビル・デューク、『ペット・セメタリー』(2019)エイミー・サイメッツ、「サクセッション」(2018-)キーラン・カルキン、「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」(2015-2019)フランキー・ショウ、『アンカット・ダイヤモンド』(2019)ジュリア・フォックス、『ハニーボーイ』(2019)のノア・ジュプなどが名を連ねている。また、『オーシャンズ』シリーズや『コンテイジョン』(2011)などのマット・デイモンが、ノーギャラでカメオ出演しているそうだ。

本作はHBO Maxにて、2021年7月1日に米国配信となる。この配信に先駆け、トライベッカ映画祭(6月18日)にてお披露目となるとのことだ。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly