Menu
(0)

Search

『Mr.ノーバディ』続編が実現の可能性 ─ 主演ボブ・オデンカーク「良い兆候」を報告

Mr.ノーバディ
© 2021 Universal Pictures

人気ドラマ「ブレイキング・バッド」(2008‐2013)、そのスピンオフ「ベター・コール・ソウル」(2015‐)でおなじみのボブ・オデンカークが主演する痛快アクション映画Mr.ノーバディは、オデンカークが2年間に及ぶ激しいトレーニングを積み、壮絶アクションに挑んだ作品だ。

本作の主人公は、家庭でも職場でもリスペクトされず、冴えない人生を送っている中年男のハッチ。ある日、バスで居合わせたチンピラにイチャモンをつけられ、ハッチはブチ切れてしまう……。

『ハードコア』(2015)のイリヤ・ナイシュラーが監督を、『ジョン・ウィック』シリーズのデレク・コルスタッドが脚本を手掛け、その豪華なタッグも話題となった『Mr.ノーバディ』の続編が誕生する可能性はあるのだろうか。ぜひとも実現を願いたいプロジェクトについて、米Empireのインタビューでオデンカークが答えている。

僕たちは、続編を実現させるために取り組んでいます。ユニバーサルはすごく乗り気で歓迎していますし、デレク(・コルスタッド)と僕はストーリーについて話をしました。確定ではありませんが、僕たちは続編に取り組んでいて良い兆候だと思います。

オデンカークは、続編が実現する可能性にかなり自信を持っている様子。公開当時のTHE RIVERでのインタビューでも、ナイシュラー監督が続編について「もし実現すれば」としながら、「何事も実現するまでは期待しすぎないようにしています」とコメントしている。また、「続編の話はされているんでしょうか?」との質問にはオデンカークが、「遊びで話しているくらいです。ハリウッドとは気まぐれで難しい場所です。この1作が製作できただけでも有り難い。続編の実現には期待しすぎないようにしています」と答えていた。

水面下で動いている様子の『Mr.ノーバディ』の続編製作が決定したとのニュースが、近いうちに届くことを期待したい。

あわせて読みたい

Source:Empire

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly