クリストファー・ノーラン、『ダークナイト』3部作は「贅沢な時間だった」

『メメント』(2000)、『インセプション』(2006)、『インターステラー』(2014)、そして『ダンケルク』(2017)。自身の作家性を物語と映像の両面へと丹念に織り込み、世界中の映画ファンを魅了してやまない映画監督クリストファー・ノーランにとって大きな転機となったのは、DCコミックスのヒーローであるバットマンの映画化に挑んだ『ダークナイト』3部作だ。

2017年12月1日(英時間)、ロンドンにて開催されたイベント“BAFTA: A Life In Pictures”に登場したノーランは、その当時を「贅沢な時間だった」と振り返っている。米Deadlineが伝えた。

スケジュールに縛られすぎないヒーロー映画

『ダークナイト』3部作の皮切りとなったのは、2005年『バットマン・ビギンズ』だ。クリスチャン・ベール扮するブルース・ウェイン/バットマンのデビュー作は、モーガン・フリーマンやゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、悪役にリーアム・ニーソンという充実のキャスティングで圧巻のストーリーテリングを見せつけた。
つづく『ダークナイト』(2008)は、未だに“『ダークナイト』3部作”と形容されることにも象徴される傑作だ。ヒース・レジャーが演じたジョーカーは語るまでもないほどの魅力をもって観客に迫ったのである。そして完結編『ダークナイト・ライジング』(2012)は、トム・ハーディやジョセフ・ゴードン=レヴィット、アン・ハサウェイという新キャストを迎え、ノーラン流バットマンの物語を鮮やかに締めくくっている。

こうして3部作を振り返って気付かされるのは、ヒーロー映画3部作としては意外なほどに、作品ごとの間隔が開いていることだ。

「(『ダークナイト』3部作では)もはや映画監督には与えられない特権と贅沢さがありました。スタジオに対して“もう1本やるかもしれません。でも4年後ですね”って言えた、最後の時代だったと思いますよ。公開日が決まっていて仕事をするのはものすごいプレッシャーなんです。ただし創造の面では大きな強みがありました。(映画を)人間として、またストーリーテラーとして製作する権利と利点があったんです。自分の製作チームを呼び戻せますしね。」

現在のハリウッドにおいて、ヒーロー映画は“メインストリーム”としての存在感を確立しており、ヒット作には即座に続編の計画が浮上する。いまや続編の製作までに4年を要するケースは珍しいが、『ダークナイト』当時はやや状況が異なったようだ。そもそもブームの大きな火付け役となったマーベル・シネマティック・ユニバース、その幕開けとなった『アイアンマン』は『ダークナイト』と同じく2008年に公開された作品だったのである。「ユニバース」という言葉じたい、現在の用法ではほとんど使われていなかっただろう。

ノーランは現在、DCコミックス/ワーナー・ブラザースが主導するDC映画ユニバースのうち、『マン・オブ・スティール』(2013)、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)、『ジャスティス・リーグ』(2017)の製作総指揮を務めている。自身でスケジュールをコントロールできない状況下で、彼が再びヒーロー映画を撮る可能性はあるのだろうか……。

 

ちなみにノーランはこのイベントで、映画製作者であり実業家、パイロットのハワード・ヒューズを題材とした企画への熱意を明かしている。一度はジム・キャリー主演で本格始動したものの、マーティン・スコセッシ監督作品『アビエイター』(2004)の影響で断念せざるを得なかったようだ。

クリストファー・ノーランの最新作『ダンケルク』のブルーレイ&DVDは2017年12月20日発売。

Source: http://deadline.com/2017/12/christopher-nolan-discusses-the-dark-knight-trilogy-and-howard-hughes-film-at-bafta-1202218583/
©2017 Warner Bros. All Rights Reserved.

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。