Menu
(0)

Search

クリストファー・ノーラン生誕50周年、『メメント』から『ダンケルク』まで代表作を振り返る ─ 最新作『TENET テネット』への系譜

インセプション
© 2010 Warner Bros. Entertainment Inc. and Legendary Pictures. All rights reserved.

本日2020年7月30日、“現代の巨匠”クリストファー・ノーラン監督が生誕50周年を迎える。最新作TENET テネットの日本公開を2020年9月18日(金)に控えた今、そのフィルモグラフィーを改めて振り返ってみることにしよう。

常に斬新なアイデアと驚くべきビジュアル、圧倒的なリアリティをもって観客の予想を裏切り、期待を超え続けてきたノーラン。『TENET テネット』は、デビュー作『フォロウィング』(1998)以降、つねに取り組みつづけてきた“時間”というテーマに真正面から挑むタイムサスペンス超大作だ。デビューから20年以上を経て挑む最新作はいかにして生まれるのか、代表作と逸話から迫っていきたい。

クリストファー・ノーランの代表作を振り返る

『メメント』(2000)

ノーランの出世作『メメント』は、10分しか記憶が保持できない男が、妻を殺した犯人を突き止めるべく奔走する物語を描いたスリラー。特徴は、劇中で起こった出来事の時系列をすべて逆行させるという特異な手法を取り入れたこと。デビュー作『フォロウィング』では、作家志望の男がアイデアを求めて他人を尾行し、やがて“事件”に巻き込まれていくさまを、同じく時系列を操作しながらスリリングに見せたが、その方法論をさらに洗練。モノクロの映像美も継承された。

本作でノーランは監督・脚本・製作・撮影・編集という一人五役を兼任。いまだ名もなきフィルムメーカーだったが、第74回アカデミー賞の脚本賞・編集賞、第59回ゴールデングローブ賞の最優秀脚本賞にノミネートされ、早くも世界中にその才能を知らしめた。今もなお愛されるノーランの原点にして、映画界を一躍駆け上がるに至らしめた重要作だ。

ダークナイト』(2008)

ダークナイト
© 2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

『メメント』を成功させたノーランは、アル・パチーノ&ロビン・ウィリアムズ&ヒラリー・スワンクという名優を得て、同名スリラー映画のリメイク版にあたる『インソムニア』(2002)に挑戦。大幅なキャリアアップを果たしつつ、すでに熟練の演出技巧を発揮して高い評価を得た。これに続いたのが、クリスチャン・ベールを主演に迎え、DCコミックスの人気ヒーローを現代に甦らせた『バットマン ビギンズ』(2004)。その続編として製作された『ダークナイト』は、ノーランのキャリアをさらなる高みに押し上げることとなる。

“狂気の犯罪王子”として知られるバットマンの宿敵、ジョーカー役を演じたヒース・レジャーの映画史に残る名演。バットマンやトゥーフェイスら、さまざまな登場人物の心理面を緻密に描き込んだプロット。そして観る者の倫理観を問うテーマ性。本作は、いわゆる「アメコミ映画」「ヒーロー映画」の枠組みを超えた一本であり、ゼロ年代映画の金字塔だ。この作品をきっかけにアカデミー賞の作品賞候補本数が増えたとの逸話もある、まさに“映画史を変えた映画”なのである。

ダークナイト
© 2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

いまやおなじみのIMAX®カメラを長編大作映画で使用したのも『ダークナイト』が初めて。当時世界で4台しかなかったカメラのうち、貴重な1台で撮影されたジョーカーとSWATの追跡シーンでは、リアリティを追求するあまり、カメラを破壊してしまったというエピソードもファンの間では有名だ。

クリスチャン・ベール演じる主人公、ブルース・ウェイン/バットマンのスーツはジョルジオ・アルマーニによって特別に仕立てられ、ヒース演じるジョーカーの衣装はセックス・ピストルズのジョニー・ロットンを意識して作られたもの。衣装の細部までこだわり抜かれた、映像のデザイン性にも着目されたい。2020年7月30日現在、「ノーラン祭り」第一弾として、IMAX®デジタル上映と日本初の4D上映を実施中。ぜひこの機会をお見逃しなきように。

ダークナイト 『ダークナイト』デジタル配信中
ブルーレイ ¥2,381+税/DVD ¥1,429 +税
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
© 2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. BATMAN and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics.

『インセプション』(2010)

インセプション
© 2010 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

『バットマン ビギンズ』と『ダークナイト』の間に、ノーランはひとつのサスペンス映画を手がけている。ヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベールを主演に据えた『プレステージ』(2006)だ。この作品は、クリストファー・プルースト著の小説『奇術師』を原作に、「マジック」や「騙すこと」そのものに迫った物語。その後、『ダークナイト』と『ダークナイト ライジング』(2012)の間には、もうひとつの“マジック映画”を手がけている。

それが、レオナルド・ディカプリオや渡辺謙といった国際色豊かなキャストを揃えて挑んだ本作『インセプション』である。物語の舞台は、パリの道が突然折り曲がり、ロサンゼルスの市街の真ん中を列車が走り抜ける、いわばどんなことでも起こる“夢の世界”。主人公のコブたちは、人が夢を見ている間に潜在意識の奥深くに入り込み、アイデアを相手の心に植え付けるというミッションに挑む。何が現実で、何が夢か。彼らは今、どこにいるのか……。人間の無意識が見せる「マジック」の間隙を縫いながら、一同は“魔法のごとく”鮮やかに任務をやってのけなければならない。

インセプション
© 2010 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

特筆すべきは、〈夢〉の中の世界を目を見張る手法で映像化したこと。しかしノーランは、「夢のさまざまな状態を扱っているとはいえ、どのレベルにおいても、その世界が具体的なものに感じられることが大切。なぜなら夢の中にいるとき、人はそれを現実として受け入れるから」との考えのもと、雪山や水中、無重力など、さまざまなシチュエーションでリアルな撮影を追求。実際に回転するセットを組んで撮影された、ジョセフ・ゴードン=レヴィット演じるアーサーが、物理法則が崩れたホテルの廊下で繰り広げる無重力の戦闘シーンは本作きっての名シーンだ。

インセプション 『インセプション』デジタル配信中
ブルーレイ ¥2,381+税/DVD ¥1,429 +税
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
© 2010 Warner Bros. Entertainment Inc. and Legendary Pictures. All rights reserved.

『インターステラー』(2014)

インターステラー
© 2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

『ダークナイト ライジング』でバットマンの物語を描き終えたノーランは、新たな方向性へと歩みを進めた。世界的な飢饉、地球環境の変化によって人類の滅亡が迫る近未来を舞台とした『インターステラー』は、家族や人類の未来を守るため、未知の宇宙へと旅立っていく元エンジニアを描いたハードSF。世界有数の物理学者キップ・ソーンが製作総指揮を務め、物語と演出には最新の科学的考証が取り入れられた。ソーンと視覚効果チームの連携により、考証に基づいてワームホールが描かれたことは物理学的にも画期的な視覚シミュレーションだったといわれる。

宇宙という壮大な舞台のもと、さまざまなモチーフを織り込んでいく本作だが、核心にあるのは「必ず家に帰る」と約束した父親のクーパーと子供たちの物語。クーパーを演じたマシュー・マコノヒーは、ノーランを「これだけ壮大な世界を彼のように描ける人はほかにいない」と絶賛。「どんな規模の作品であっても、彼の映画は必ずどこか個人的で親密なものになる」と述べているように、どんな物語でも共感できるキャラクターを生み出す手腕が存分に発揮された。もちろん、リアリティへのこだわりは本作でも健在。理想的な画を撮影するため、500エーカー(約61万坪)もの土地で実際にコーン畑を栽培し、あろうことか火を放っている。

インターステラー 『インターステラー』デジタル配信中
ブルーレイ ¥2,381+税/DVD ¥1,429 +税
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
© 2014 Warner Bros. Entertainment, Inc. and Paramount Pictures. All Rights Reserved.

ダンケルク』(2017)

ダンケルク
© 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ゴッサムシティから宇宙へ飛び出したノーランは、果たしてどこに向かうのか。世界中の映画ファンが注目するなか、次にノーランが選んだのは、初の戦争映画にして初の実話映画『ダンケルク』だった。本作で描かれたのは、相手を打ち負かす「戦い」ではなく、生き残りをかけた「撤退」。第二次世界大戦の真っただなかである1940年、ドーバー海峡に面したフランスの港町ダンケルクにて、ヒトラー率いるドイツ軍に追い詰められたイギリス・フランスの連合軍40万人を救うため、あらゆる手段を動員した“史上最大の脱出作戦”だ。

本作のポイントは、陸海空それぞれ異なる時間軸の出来事が、ひとつの物語として同時進行し、3つの視点がめくるめくスピードで切り替わること。得意とする“時間の操作”を駆使し、戦場でのドラマを描くのではなく、観客が戦場に立っているかのような、より没入感の高い映画が目指された。IMAX®カメラによる臨場感あふれる映像は、一瞬先さえも読めない緊張状態が続く究極の映画体験を実現している。

ダンケルク
© 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

なんと撮影現場では、実際に当時のスピットファイア3機が海峡の上空を飛び、さらには観客にパイロットの視点を見せるため、巨大なIMAX®カメラをコクピットに搭載。新たな限界に挑戦し、映画体験の更新に挑んだ。本作『ダンケルク』は「ノーラン祭り」第2弾として、2020年7月31日(金)よりIMAX・4D、そして日本初のドルビーシネマにて上映される。

ダンケルク 『ダンケルク』デジタル配信中
ブルーレイ ¥2,381+税/DVD ¥1,429 +税
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
© 2017 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

そして『TENET テネット』へ

TENET テネット
(C) 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

「その言葉の使い方次第で、未来が決まる」。主人公(ジョン・デヴィッド・ワシントン)に課せられたミッションは、人類がずっと信じ続けてきた、現在から未来に進むという〈時間のルール〉から脱出することだった。ミッションのキーワードは〈TENET(テネット)〉。突然、国家を揺るがす巨大な任務に巻き込まれた名もなき男とその相棒(ロバート・パティンソン)は、時間に隠された秘密を解き明かし、未来で起こる第三次世界大戦を止めることが出来るのか……。

驚異のスケールによるスパイ・スリラーであり、タイムサスペンスであり、そしてアクション大作である『TENET テネット』は、世界7か国を舞台にIMAX®カメラで撮影を敢行。“時間が逆行する”というゲーム性は、まさに出世作『メメント』で観客を驚愕させたものだが、本作にはノーラン作品のさまざまな要素がすでに見え隠れしている。『インセプション』で見せた目を見張るイマジネーション、『インターステラー』『ダンケルク』に代表されるリアリティへのこだわり、そして『ダークナイト』3部作で示したエンターテインメント性と芸術性のハイレベルな両立。言わずもがな、徹底的に練り上げられたストーリー。本作には、数々の名作を生み出してきたノーランの“集大成”にして“最高傑作”になるとの期待が寄せられている。かつてない映画体験とともに、ノーランが新たな伝説を映画史に刻もうとしているのだ。

映画『TENET テネット』は2020年9月18日(金)全国公開予定

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly