Menu
(0)

Search

クリストファー・ノーラン監督、ゲーム業界に興味あり

クリストファー・ノーラン Christopher Nolan
© LFI/Avalon.red 写真:ゼータ イメージ

『インターステラー』(2014)『TENET テネット』(2020)などのクリストファー・ノーランは今や映画界を代表する監督の一人だが、ゲーム業界には果たして興味はないのだろうか。

この度、ゲーム・ジャーナリストのジェフ・キーリー司会の特別番組に、クリストファー・ノーラン監督が登場。監督自身が手掛けた映画のゲーム化について問われたところ、「映画製作は複雑で長い時間を要します。ただ、ゲームの場合はさらに複雑で時間が掛かります」と語っている。

「既に確立されている作品に縛られながら作るべきではないでしょう。それはゲームを映画化する場合にも同じで、そのまま映画化するのではなく、単体の作品として素晴らしくする必要があります。」

クリストファー・ノーラン監督は、『フォロウィング』(1998)から『TENET テネット』に至るまで、映画製作に専念してきた。ゲーム化について監督は「軽々しく引き受けるものではないでしょう」としながらも、「間違いなく興味はあります。素晴らしい世界だと思います」と述べている。

現時点でゲーム化の予定はなさそうだが、仮に実現した時には、息を呑む映像や秀逸に計算された物語が継承されることに期待したいところ。例えば『TENET テネット』であれば、“時間の逆行”を駆使した今までに体験したことのないような革新的なゲームになるだろう。

Source: Comicbook.com , Fandango

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly