Menu
(0)

Search

クリストファー・ノーランの新作企画が発表、「原爆」が題材に ─ キリアン・マーフィー関与か、配給スタジオは未定

クリストファー・ノーラン Christopher Nolan
© LFI/Avalon.red 写真:ゼータ イメージ

『インターステラー』(2014)『TENET テネット』(2020)などで知られるクリストファー・ノーラン監督の新作映画が、「原爆の父」と呼ばれたアメリカの理論物理学者ロバート・オッペンハイマーを主人公とした作品になることがわかった。米Deadlineが報じている。

このたび発表されたタイトル未定の企画は、2020年9月にコロナ禍で公開された『TENET』に続く新作となる。報道によれば、ノーラン監督が手掛けた2018年の戦争映画『ダンケルク』と同様、第2次世界大戦における重要な瞬間を描いた作品になるという。

主人公として挙げられているのが、物理学者ロバート・オッペンハイマー。原子爆弾の開発・製造を目的とする「マンハッタン計画」を主導した人物で、1945年8月に広島・長崎に投下された原子爆弾もこの計画によるものだった。

企画には、『ダークナイト』シリーズや『インセプション』(2009)など、ノーラン作品常連の俳優キリアン・マーフィーが関与しているとも伝えられている。直近でマーフィーは『ダンケルク』に出演した。報道が事実であれば、マーフィーがオッペンハイマー役を演じる可能性も考えられる。

現在は、複数のスタジオが脚本に目を通している段階で、配給権獲得に向けた交渉もノーラン側との間で進んでいるという。ノーラン監督といえば『インソムニア』(2002)から『TENET』までの監督作品を米ワーナー・ブラザースで手がけてきた。しかし2020年12月、ワーナーが2021年公開作品を劇場&配信の同時公開にすることを発表したことを受け、事前に知らされていなかったノーラン監督は同社への不信をあらわにしていたのだ。こうした経緯もあり、ノーラン監督の新作が従来どおりワーナー配給となるのか、新たなスタジオでの配給となるのかには注目が集まっている。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly