Menu
(0)

Search

ノーマン・リーダス、ファンミーティングでお茶目全開 ─ ウサギのぬいぐるみは絶対に手放さない(写真94枚)

ライド with ノーマン・リーダス ファンミーティング
©THE RIVER

Huluプレミア「ライド with ノーマン・リーダス」シーズン2が2019年4月2日(火)から独占配信されたことを記念し、番組ホストであり、ドラマ「ウォーキング・デッド」でも絶大な支持を集めるノーマン・リーダスが来日。Hulu主催のファンミーティングに登場した。(記事最後の写真ギャラリー94枚あり。)

ノーマン・リーダス、ファンの前に登場

ライド with ノーマン・リーダス ファンミーティング
©THE RIVER

応募が殺到したこの日の当選倍率はなんと146倍。極めて幸運なファンは、会場で配布されたサングラスを着用して出迎えるというノーマンへのサプライズも演出した。大歓声と拍手に包まれたノーマンは、全員がサングラス姿の客席を見るなり「いいサングラスですね、撮影しよう」と自身のスマホを取り出して客席の撮影を開始。ノーマンと空間を共有する喜びを噛みしめるように静まり返ったファンたちに向け、「静かですね」と笑う。客席から「アイ・ラブ・ユー!」と聞こえると、「I love you too」と気さくに返して、「日本は僕にとって特別な場所です。東京、京都、大阪では2エピソードの撮影をしましたよ」と明かす。「撮影にはピッタリの国ですね。道路も静かでキレイなんですよ。」

このイベントの様子はTwitterでもストリーミング中継されており、ノーマンはカメラに向かって「Hi Twitter, What’s up?」とカジュアルに語りかけた。

バイクの魅力語る

ライド with ノーマン・リーダス ファンミーティング
©THE RIVER

ノーマンが毎回異なるゲストと共に世界各地をバイクで旅する「ライド with ノーマン・リーダス」の企画の成り立ちを尋ねられたノーマンは、まず観客がかけていたサングラスを見て「Give me sunglass」とリクエスト。質問の答えとしては「『ウォーキング・デッド』を撮影している時がキッカケでした。僕は毎日現場までバイク通勤していたんですよね。ある日エグゼクティブの人に”番組の良いアイデアがあるんだけど”と言われ、何ですかと聞いたら”バイクに乗って世界中を旅して色々な人に会って、それから…”、そこでもう”イエス”と即答(笑)。仕事でなくともやっていたと思います」と語る。そのうちスタッフからサングラスが差し入れされると直ぐにかけてみせ、番組やドラマでお馴染みの姿を披露した。

ライド with ノーマン・リーダス ファンミーティング
©THE RIVER
ライド with ノーマン・リーダス ファンミーティング
©THE RIVER

バイクで走ることの魅力については「馬に乗って旅するようなもの。街の匂いを感じて、顔で風を感じるんですよ」と説明。「シーズン1でピーター・フォンダも言っていましたけど、(車に対して)”見ろよ、みんな檻の中にいるみたいだろ、音楽聞いて、スマホ見てさ”って。バイクなら走りに集中して、アドベンチャーですよ。」




ファンとの触れ合いも番組の魅力

配信が始まったばかりのシーズン2では、ヨーロッパの町中でファンに囲まれてもみくちゃになる場面も。ノーマンは嫌な顔ひとつせずファン・サービスを行っていたが、「こういう経験は、映画『処刑人』(1999)の時にもあったんですよね」と振り返る。「『処刑人』は色々な理由があって劇場公開には至らなかったんですが、口コミで評判が広まって、ブロックバスター(米レンタルビデオチェーン)で『タイタニック』を超える人気だったんですよ。

ライド with ノーマン・リーダス ファンミーティング
©THE RIVER

シーズン2ではより人々との交流に焦点が当てられるようになっているが、この理由は「シーズン1はもっとバイク の細かい話が中心だったけど、行く先々でファンに囲まれちゃって。その度に撮影を中断するわけにもいかなくなっちゃったので、もうファン込みで撮影しちゃおうということで。」とのこと。番組スタイル変遷の理由を明かしてくれた。

息子ミンガス君はチェスの天才?

ここで、Twitterストリーミング中継中のモニター画面を見て「自分の姿を見るのが変な感じ」と照れるノーマン。シーズン2最終話では息子のミンガス君も登場するのだが、「うちの子とよくチェスをやっている公園に出かけるんですけど、」と親子エピソードを披露。「僕がチェスを教えてやるんですが、吸収が早くて僕を負かすまでに成長して。公園に行くと、ハスラーっていう賞金目的のチェスプレイヤーもいるんですが、そんな人達にもちびっ子ながら勝っちゃうんですよ。だからみんな、この子とはやりたくないって。しかも、“11手前はこうじゃなくてこう打つべきだったよ”なんて言うから、みんなが怖がっちゃって。とにかくうちの子はチェスの名手で、彼を連れてまた公園に行けたのが良かったですね。」

ノーマンと気心知れた仲間たちがゲスト出演する「ライド with ノーマン・リーダス」では、「ウォーキング・デッド」の共演者も登場。「イケてるバイク乗りだけを呼んでるんです。スティーヴン・ユァンやジョン・バーンサル、アンドリュー・リンカーンも。ジェフリー(・ディーン・モーガン)とは旧知の仲ですし。アンドリュー・リンカーンはバイクに乗るのがドヘタで、ずっとセカンドギアなんですよ。」



ノーマン・リーダス一問一答!

ライド with ノーマン・リーダス ファンミーティング
©THE RIVER

ここからは、会場のファンから寄せられた質問に一問一答で即答するフラッシュ・アンサーのコーナーへ。企画内容を聞いてファイティングポーズを取るほどノリノリのノーマンは、全14のユニークな質問に楽しく答えた。

Q.俳優をやっていなかったら何をやっていると思う?

A.寝てる。

Q.今後どんな演技をやってみたい?

A.西部劇。

Q.明日人類が滅亡するとしたら何をする?

A.「サウスパーク」を観る!

Q.受験勉強が辛いです。乗り越え方はなんでしょう?

A.「サウスパーク」を観る!

Q.人生で一番大切にしている言葉は何?

A.あー…、チョコレートをくれ、ベイビー!

Q.バイクに名前を付けたりしますか?

A.ときどき。(ひとつ名前を挙げてください。)ザ・ブル。

Q.超能力を使えるとしたら、何を使いたい?

A.えーっと、えーっと、えーっと、えーっと…、スーパーパワー…、えーっと、水の中で息をずっとずっとずっとずっと止められるようになりたい!

Q.どっちを選ぶ?見た目がクールだけど最高速度は40kmしか出ないバイク、見た目は超ダサいけどスピードがものすごくでるバイク。

A.ダサいの。

Q.今まで一番幸せだった誕生日は?

A.(伸びをしながら)去年の!(なぜ?)お風呂に浸かってたから。ちなみに、1人じゃなかったもんね。(おめでとうございます。)ありがとうございます。

Q.主人がハーレイに乗っていましたが、バイクの楽しさが分からなくて、売るようにお願いして売ってしまいました。そんな私にバイクの楽しさを教えてください。

A.バイクがあれば旦那さんも外出してくれるでしょ!

Q.好きな日本語は何?

A.しゃぶしゃぶ!

Q.最近のマイブームは何?

A.ジャズ・ミュージック。(好きなアーティストは?)チャールズ・ミンガス。

Q.まだ叶えていない夢は何?

A.「ウォーキング・デッド」のシーズン10。

Q.最近感動したことは何?

A.あー…、レディー・ガガの映画。(『アリー/スター誕生』のこと。主題歌を歌うノーマン。)この映画。

「箱の中身は何だろな?」ゲーム

続けてノーマンには、グリーンのオリジナル法被が贈呈。「ソー・クール!」と喜んで羽織り、前は開けるべきか閉じるべきかを尋ねた。Twitterでのライブ中継はここまでで、カメラに向かって日本語で「ありがとうございます」とコメントを終えると、ここからは会場だけで楽しめる時間に。

ライド with ノーマン・リーダス ファンミーティング
©THE RIVER
ライド with ノーマン・リーダス ファンミーティング
©THE RIVER

サプライズ企画として開始されたのは、「日本といえばコレは欠かせません」として紹介された「箱の中身は何だろな」ゲーム。日本のバラエティ番組でお馴染みのハコが登場すると、その中身はタワシ。例によって中身が分からないノーマンは「タコか?」「生き物か?」と果敢に挑戦する。タワシに触れるなり「ハリネズミかな?合ってる?持って帰れるやつ?」と会場とコミュニケーション。

ライド with ノーマン・リーダス ファンミーティング
©THE RIVER

ノーマンのファイナルアンサーは「ハリネズミみたいな動物」。正解のタワシが取り出されると、「オーマイガー!」と楽しそうに笑った。

続けて2問目の箱の中身はホース。このゲームのノリを心得ている会場の観客は「うわぁー」とリアクション。「何この反応?あの彼女、やめとけって言ってるけど…」とちょっぴり不安げ。箱の中のホースに触れると「…ヘビ」「ヘビでしょ」「ヘビだね」と回答。正解のホースが取り出されると「アウ、メーン!」と悔しがり、「なんで君はノーノーって言ったのよ!君のせいだぞ!」と客席を指さした。

ライド with ノーマン・リーダス ファンミーティング
©THE RIVER

続けて最後の問題にあたっては、司会者から「みなさん、静かにしてくださいね」とアナウンス。その中身は、モゾモゾ動きながら周囲の音をリピート再生するウサギのぬいぐるみおもちゃ。既に雑音を拾ってしまっているが、どうやら微妙に箱の中の影が見えるらしいノーマンは「動いてるんだけど…。

ライド with ノーマン・リーダス ファンミーティング
©THE RIVER

手を入れてすぐに耳の部分を掴んだノーマンは、持ち上げてブンブンと振ってみせる。「子犬のおもちゃ」と回答して取り出すと、裏声になって「It’s so cute!」と大喜びだ。会場の音を拾ってリピート再生しながら動くシュールなウサギを手に、「これもらっていい?(Can I keep this?)」とお気に入りの様子。早速「Can I keep this?」と繰り返したウサギにマイクを当てて会場に響かせる遊びまで開発した。

ライド with ノーマン・リーダス ファンミーティング
©THE RIVER

「箱の中身は何だろな」ゲームに続いては、会場内の観客からノーマンによる抽選で選ばれた5名がステージで2ショットチェキを撮れるという嬉しいコーナーに。抽選用の箱に手を入れて「ヘビかな?」とボケるノーマンの元に5名の幸運なファンが集まり、ひとりひとりハグや握手を交わしながら撮影を行った。

急遽サプライズとして、もう数名追加で抽選を行う運びに。何名追加するかは「掴み取った分だけでいい?」と大盤振る舞いのノーマン。実際にクジを掴み取り、なんと合計33名のファンが選ばれることとなった。ステージ脇にはラッキーなファンが行列を成し、次々に撮影。ノーマンの好意によって、さながらコミコンのような光景が広がった。なお最後の1人の撮影まで、ノーマンはウサギのおもちゃを絶対に離そうとしなかった。

ライド with ノーマン・リーダス ファンミーティング
©THE RIVER

ノーマンのファンのためだけに企画された豪華ファンイベントも惜しまれながらここで終了。ノーマンは「『ウォーキング・デッド』同様楽しんでね!」と挨拶。去り際にはファンとハイタッチやサインも行いながら、最後までサービスたっぷりだった。

なおこの日のイベントをもって、「ライド with ノーマン・リーダス」シーズン3も2019年、Huluにて独占配信となることが発表。さらにシーズン4では、この度の来日で撮影された日本でのエピソードも含まれることがわかった。

ギャラリー

Huluプレミア「ライド with ノーマン・リーダス」シーズン2(全6話/字)は、2019年4月2日(火)から独占配信スタート、以降毎週火曜日に1話ずつ追加予定。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly