Menu
(0)

Search

ノーマン・リーダス、今でもゴーストライダー役を演じたい ─ 「(マーベルに)やらせてくれって言っておいて」

ノーマン・リーダス Norman Reedus
©THE RIVER

人気ドラマシリーズ「ウォーキング・デッド」(2010-)のダリル役で知られるノーマン・リーダスは、現在でもマーベルのダークヒーロー、ゴーストライダー役に熱意を持っているらしい。米ComicBook.comのインタビューにて語った。

“復讐の精霊”の異名で知られるゴーストライダーは、ガイコツの頭部、地獄の業火(ヘルファイア)を身にまとい、善のための復讐を繰り返すキャラクター。ニコラス・ケイジ主演で映画化されたのち、「エージェント・オブ・シールド」シーズン4(2016-2017)ではガブリエル・ルナが演じた。一時は単独ドラマ化企画もあったが、そちらは残念ながら頓挫している。

ノーマンはかねてよりゴーストライダー役に意欲を燃やしてきたが、今回も「ゴーストライダー役、ぜひやりたい」と一言。「長いあいだ、ゴーストライダーの話題が出てくるんですよ。(マーベルに)やらせてくれって言っておいて」とインタビュアーに語りかけ、「炎のガイコツ、いいですよね。顔を炎のガイコツに変えて、チェーンを振り回したい。最高だと思う」とやる気満々だ。

ノーマンは大のバイク好きとして知られ、自身のツーリング番組「ライド with ノーマン・リーダス」も2016年から放送。現在は12台のバイクを所有しているようで、ゴーストライダー役を演じる機会には「(その中から)ひとつ選びます」と話した。まさか私物で演じるつもりなのだろうか。

ちなみに「ウォーキング・デッド」に出演していたジョン・バーンサルは、Netflix製作のマーベルドラマでパニッシャー役を演じていた。現在、ジョン演じるパニッシャーの再登場予定はないが、ノーマンはマーベル作品での再会も「すごくいいと思う」と述べた。「まあ、僕はわからないんで、誰かに実現させるよう言ってくださいよ。僕はやりたいんだから」

Source: ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly