Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』撮影地の1つ、ヴェスパーとの決別にふさわしかった理由

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
© 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事には、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』のネタバレが含まれています。必ず本編を鑑賞後にお楽しみください。

matera マテーラ
イタリア・マテーラ|Photo by Samuele Wikipediano 1348|https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Matera_Luglio_2019.jpeg

『ワンダーウーマン』で登場したセミッシラは、ギリシャ神話の神ゼウスによって創造された女戦士の一族、アマゾネスの故郷という設定。この自然豊かなセミッシラを再現するために選ばれたのが、地中海の景色が見渡せる洞窟都市マテーラだった。

このマテーラは、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』で鍵となるシークエンスでも登場している。序盤、ジェームズ・ボンドとマドレーヌがバケーションで訪れた街だ。この地では、『カジノ・ロワイヤル』で登場したボンドの元恋人ヴェスパー・リンドの墓地があったり、悪の組織スペクターの刺客との激しい追跡劇が繰り広げられたりと、物語のきっかけを作る重要な場面が登場した。

同じ場所でも、『ワンダーウーマン』と『ノー・タイム・トゥ・ダイ』では見え方が違うマテーラ。この場所が『ノー・タイム・トゥ・ダイ』でも選ばれたのには、キャリー・フクナガ監督の明確な意図があった。米Entertainment Weeklyの取材では、冒頭シーンの物語にマテーラがふさわしかった理由をフクナガ監督が明かしている。

「プロダクション・デザイナーを担当しているマーク・ティルデスリーが、映画をスタートさせるのに最高なロケーションだと言って提案してきたんです。マテーラの単色の風景は、まるで大きな1つの墓地のように感じられました。あの地には、ボンドが遺してきたものについてのメタファーがたくさんあるんです。だからこそ、ぴったりだと思ったんです。

マテーラでの一連のシークエンスでは、主にボンドとマドレーヌのロマンスが描かれた。一方で、胸のつかえとなっていたであろう亡きヴェスパーにボンドが本心を伝え、別れを告げる『カジノ・ロワイヤル』に始まったストーリーの決着でもあったのだ。

View this post on Instagram

James Bond 007(@007)がシェアした投稿

思えば、『ノー・タイム・トゥ・ダイ』公開前の2021年7月、主演のダニエルは『007 スペクター』(2015)で決意していた引退を取りやめて、続投を決めた理由を「『カジノ・ロワイヤル』に始まった何かを終わらせるため」と話していた。その意味でも、マテーラは物語に欠かせない重要な撮影地だったはずだ。

ちなみに、マテーラは1993年に世界遺産として登録されており、観光地としても人気のスポットだ。『ノー・タイム・トゥ・ダイ』で重要な役割を果たしたこともあり、これからは『007』シリーズファンにとっての聖地としても親しまれることになるだろう。

Source: Entertainment Weekly

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly