Menu
(0)

Search

バラク・オバマ元アメリカ大統領夫妻、Netflixとパートナー契約結ぶ ― 製作会社設立、映画やドキュメンタリーなど発表へ

バラク・オバマ
Official White House Photo by Pete Souza https://www.flickr.com/photos/obamawhitehouse/8555058960

バラク・オバマ元アメリカ大統領とミシェル・オバマ夫人が、Netflixとの複数年にわたるパートナー契約を結んだことがわかった。夫妻は製作会社であるハイアー・グラウンド・プロダクションズ(Higher Ground Productions)を設立。同社はNetflixへ提供するコンテンツを製作していくことになる。米Variety誌、Deadlineなど複数のメディアが報じている。

Netflixによれば、オバマ夫妻は今後、映画やテレビシリーズを問わず、フィクション・ドキュメンタリーなど様々なジャンルを製作していく可能性があるという。バラク・オバマ元大統領は2018年1月に配信されたNetflixオリジナルのトーク番組『デヴィッド・レターマン: 今日のゲストは大スター』の初回にゲスト出演しており、以前から同社とは浅からぬ関係にあったわけである。

2018年3月、米New York Times誌はオバマ夫妻がNetflixと複数のプロジェクトに関する契約を進めていると伝えていた。今回の正式発表は契約が実を結んだことを報告するもので、Variety誌によれば、Netflixはオバマ夫妻との間で史上最高額の契約を結んだようである(ただし正確な金額は不明)。
なお米国では、バラク・オバマ元大統領とミシェル夫人がSNSにて大きな存在感を放っていることを踏まえて、Netflixにおけるコンテンツの製作・発表は、メディア戦略に注力するドナルド・トランプ現大統領への“カウンター”になりうるとの解釈も一部で示されている。

今回の発表にあたり、バラク・オバマ元大統領はこのような声明を発表している。

「私たちの公務において、あらゆる職業や地位にある、大勢の魅力的な方々に出会えたことはまぎれもない喜びでした。そして、彼らの経験をより多くのみなさんと共有するお手伝いをすることも。ですからミシェルや私にとって、Netflixとのパートナー契約は非常にうれしいことなのです。すばらしい共感や理解を人々に働きかけられる、すぐれた、刺激的な、クリエイティブな声を集めて、世界中に彼らの物語を届ける、そのお手伝いをしたいと思います。」

同じくミシェル・オバマ夫人は以下のコメントを発表した。

「バラクと私は、私たちを奮い立たせ、身の回りにある世界について異なる見方をもたらし、他者に対して気持ちや心を開かせる、そんなストーリーテリングの力を常に信じてきました。Netflixの比類なきサービスは、私たちがお届けしたい物語に自然にフィットするものです。この新しい、胸躍るようなパートナーシップが始まることを楽しみにしています。」

元米大統領夫妻とストリーミング・サービスの“覇者”による前代未聞のタッグ、まずはその第一弾作品を楽しみにしよう。

Sources: Variety, Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Tags

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly