Menu
(0)

Search

ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」、ダース・ベイダーの他にも「敵に転じた過去の同志」が登場か

オビ=ワン・ケノービ
C)2022 Lucasfilm Ltd.

スター・ウォーズ』シリーズの新作ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」より新たに公開されたシノプシス(あらすじ概要)によると、敵対関係に陥った過去の同志が複数カムバックする可能性があるようだ。

「オビ=ワン・ケノービ」の舞台は、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)の10年後。「オーダー66」によって全てのジェダイが抹殺されたが、オビ=ワンやヨーダといった残り少ないジェダイたちは追跡を逃れて身を潜めていた。

Comicbook.comによると、公開された新シノプシスでは「銀河帝国の支配下で、元ジェダイ・マスターのオビ=ワン・ケノービは重要なミッションに乗り出す。ケノービは敵に転じた元同志たちと対峙し、帝国の怒りに直面しなければならない」と紹介されている。「敵に転じた同志たち(allies turned enemies)」と複数形になっている点に注目したい。「オビ=ワン・ケノービ」では、『スター・ウォーズ』プリクエル(前日譚)シリーズで師弟関係から敵対関係に陥ったダース・ベイダーアナキン・スカイウォーカーが登場することが既に分かっている。ということは、アナキン以外に“同志から敵に転じたキャラクター”が登場するということだろうか。

なお、米Entertainment Weeklyのインタビューでオビ=ワン役を再演するユアン・マクレガーは、アナキンがダークサイドへ転じた責任について次のように言及している。

「物語の始めに登場するオビ=ワンは、どちらかというと壊れていて信仰心もなく打ちのめされていて、どこか諦めているんです。エピソード3の終わりでオーダー66との間で起きた出来事、そしてジェダイ・オーダーが虐殺され、生き残った者たちが身を隠したせいで彼は変わってしまいました。アナキンとの個人的な関係が決裂した後、オビ=ワンはアナキンがダークサイドに誘惑されたことを許した責任を感じていたんです。彼の信念はアナキンをダークサイドから守れるほど強くなかった。そのことが彼に重くのしかかっていると思います。」

登場が示唆されている“同志から敵に転じたキャラクター”の責任がオビ=ワンにあるのかどうかは未知だが、ファンが予想していなかったようなサプライズが仕掛けられているかもしれない。

「オビ=ワン・ケノービ」は、2022年5月25日(水)16時よりディズニープラスにて独占配信開始。

あわせて読みたい

Source:Comicbook.com , Entertainment Weekly

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly