Menu
(0)

Search

「オビ=ワン」と『スター・ウォーズ エピソード4』の決定的矛盾、最終話で解消か ─ 脚本家が予告

オビ=ワン・ケノービ
(C)2022 Lucasfilm Ltd.

ディズニープラスで配信中のドラマオビ=ワン・ケノービには、スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977)との大きな矛盾があるが、それはドラマの最終話で改修される見込みのようだ。

ドラマ「オビ=ワン」は、『エピソード4』の9年前の設定。惑星タトゥイーンで隠遁生活を送っていたオビ=ワンのもとに、誘拐された少女レイアを救出する任務がもたらされる。オビ=ワンは銀河の各地をめぐりながら、レイアと行動を共にし、いくつかの修羅場を潜り抜けていく。

オビ=ワン・ケノービ
(C)2022 Lucasfilm Ltd.

しかしレイアは『エピソード4』でR2-D2にホログラム・メッセージを吹き込んだ際、オビ=ワンに対して「ケノービ将軍、クローン戦争であなたは父に仕えてくれました。彼が今、またあなたの助力を求めています」と呼びかけている。

ドラマではオビ=ワンと冒険したはずのレイアは、なぜ自分たちの共有の経験をすっ飛ばし、あくまで「父がお世話になりました」と話したのだろう?オビ=ワンはジェダイであると知っているはずなのに、わざわざクローン戦争時のように「ケノービ将軍」と呼んだのも妙だ。ドラマでのオビ=ワンとレイアの砕けたやりとりを考えれば、急にレイアが他人行儀な話し方になっているのもおかしい。

こうした描写について、「オビ=ワン」脚本家のジョビー・ハロルドは「さんざん話し合いました」と英Entertainment Weeklyに説明している。ドラマ全話が配信されれば、「全ての疑問が解消されるでしょう」と続けている。

「ルーカスフィルムは巨大なチームです。全ての選択には、きちんと意識を向けていますよ」とハロルド。ドラマは残すところ最終話のみなので、そこで矛盾を解消するような展開が描かれるのだろう。

なお『スター・ウォーズ』には、他にもいくつかの矛盾があることで知られる。例えば、オビ=ワンやヨーダは共和国時代にR2-D2と共に過ごしていたはずなのに、再会しても全く反応を示さなかったことなどが指摘されている。

Source:EW

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly