Menu
(0)

Search

ユアン・マクレガー、ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」は「1本の映画」のようだと語る ─「マンダロリアン」との違いにも言及

オビ=ワン・ケノービ
(C)2022 Lucasfilm Ltd.

スター・ウォーズ』のプリクエル・トリロジーでオビ=ワン・ケノービ役を演じ、Disney+ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」にてシリーズにカムバックするユアン・マクレガー。この度、2022年5月27日より配信開始となる本作の見どころについて熱く語っている。

ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」は、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)から10年後が舞台となる。オビ=ワンにとって最良の友であり、弟子であったアナキン・スカイウォーカーことダース・ベイダーは、ジェダイを抹殺し銀河を支配しようとしていた。“ジェダイ敗北”の悲劇を経て、オビ=ワンやヨーダといったごくわずかなジェダイたちは身を潜めていたが、帝国軍から追い詰められ、オビ=ワンはひとりでシスの暗黒卿に立ち向かうことになる。

Slash Filmなどが参加した記者会見でマクレガーは、ドラマ「マンダロリアン」(2019−)と比較しつつ、「オビ=ワン・ケノービ」の特徴について説明している。マクレガー本人いわく全6話となる本作は、「まるで1本の映画を作っているような感覚」だったという。

「プリクエルを作ったときとは技術が全く異なり、とにかく違う体験のように感じました。ただ、それはテレビ向けの作品だからというわけではないと思うんです。ドラマシリーズの良さは、物語を長く伝えられるところでしょう。(デボラ・チョウが)すべてのエピソードを監督しており、そのビジョンが全体を通して描かれているため、まるで1本の映画を作っているような感覚がありました。

このシリーズのエピソード制は、ストーリー展開が実に巧みに語られており、ひとつの原動力となる物語です。『マンダロリアン』はもっと1話完結的な感じがすると思いますし、そのストーリーテリングが適していると思います。(『マンダロリアン』には)それぞれのシーズンを通して進んでいく物語がありますが、私たちの作品は、たまたまエピソードに分割された映画のようなものなんですよ。」

「マンダロリアン」はエピソードごとに監督が異なっており、それぞれのスタイルや個性が投影されている点が見どころのひとつだと言える。対する「オビ=ワン・ケノービ」は、チョウがすべてのエピソードで監督を務めていることから、その一貫した世界観とビジョンにより、まるで映画のように一つの作品として完成された形になっているようだ。

ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」初回2話は、2022年5月27日(金)16時よりディズニープラスにて独占配信。



Source:Slash Film

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly