Menu
(0)

Search

「オビ=ワン・ケノービ」シーズン2の可能性にルーカスフィルム社長が言及、「ファンが望むなら」と前向き姿勢

「オビ=ワン・ケノービ」オビ=ワン(4話)
(C)2022 Lucasfilm Ltd.

スター・ウォーズ』のリミテッドシリーズ「オビ=ワン・ケノービ」の最終話が、ついにディズニープラス(Disney+)にて配信された。既に次シーズンを求める声も上がっているが、実現の可能性はあるのだろうか?

ここ近年は、もともとリミテッドとしてデビューしたマーベルドラマ「ロキ」がシーズン2へ更新されるなど、人気と需要があれば新シーズンが製作されるケースが少なくない。その例に「オビ=ワン・ケノービ」が続くことはあり得るのか、全6話で監督を務めたデボラ・チョウが米Entertainment Weeklyのインタビューにて回答している。

この番組はリミテッドシリーズになるよう想定しました。この作品は始まりと中間、終わりがある、ひとつの大きな物語です。ですから、それ以上のことは考えていませんでした。前へ進むとしたら、もう1シーズン製作する確かな理由がある場合だけだと思います。

続けて、ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長も同じ質問に答え、監督よりは前向きな姿勢で発言している。

「率直に言って、スタジオはこの番組をリミテッドシリーズとして製作しました。ですが大きな反響があり、さらにファンが『オビ=ワン・ケノービ』を望むのであれば、間違いなく検討するつもりです。なぜなら、ファンが私たちに訴えかけてくるからです。“OK、これをやる確かな理由があるし、それに答えよう”と感じたら、シーズン2を製作するでしょう。ですが、様子見ですね。」

「オビ=ワン・ケノービ」は、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)の10年後が舞台。エピソード4となる『スター・ウォーズ/新たなる希望』(1977)へ繋がるまでに描ける物語は、まだありそうに思える。だが、それを実現するにはチョウ監督とケネディ社長が言うように、シーズン2を製作するに値するだけの素晴らしいストーリーが必要。クリエイティブチームの才能にかかっていると言えそうだ。

果たしてシーズン2へ更新となるか、今後の動向に注目しておきたい。「オビ=ワン・ケノービ」はディズニープラスにて配信中。

あわせて読みたい

Source:Entertainment Weekly

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly