Menu
(0)

Search

『(500)日のサマー』ファンは絶対必見!『さよなら、僕のマンハッタン』マーク・ウェブ監督のセンス爆発「プレッシャーもなく解放された気分」

さよなら、僕のマンハッタン
© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

『(500)日のサマー』(2009)『gifted/ギフテッド』(2017)のマーク・ウェブ監督最新作『さよなら、僕のマンハッタン』が2018年4月14日(土)より公開となる。この度、マーク・ウェブ監督のインタビューが到着。監督が映画化を長年熱望してきたという待望作についてたっぷりと語った。

さよなら、僕のマンハッタン
© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

監督が語る『さよなら、僕のマンハッタン』ふたつの魅力

何年も前に初めて読まれて以来、ずっと心をつかんでいる『さよなら、僕のマンハッタン』脚本の魅力を尋ねられると、監督は「2点あります」と説明する。


「まず、ずっと頭から離れないシーンがありました。ジョハンナとトーマスでの最初のシーンで、彼女が“人はいつも無意識に行動をしてしまうものよ”と言う場面です。彼らが初めて出会ったときの会話は本質を突いていてとても考えさせられるものでした。私はこの先の展開を知りたくなりました。そのときのジョハンナのセリフはある意味現実となるわけで、私はこのシーンに引き込まれました。脚本を読んでいて、どんどん次の展開を知りたくるのです。これが1点目です」と説明。

「もう1点は、ジェフ・ブリッジス演じるW.F.ジェラルドとトーマスの関係性です。男性同士のこういった友情は珍しいですし、これには少し願望も含まれています。ジェラルドのようなメンターとの関係性は希少です。」、と主人公トーマスとW.F.ジェラルドの関係性には自身の願望も投影されていることを明らかにした。

© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

作中の”ニューヨークはソウル(魂)を失ってしまった”というセリフについて自身の意見を尋ねられると、「この脚本は何年も前に書かれたので、私たちが練り直しました。若い人たちの意見は悲観的ですが、私はこの街に関して変わらないのは自己批判できるということだと思います。人々は常に“70年代は良かった”“80年代は良かった”などと言っています。私が信じているのはニューヨークが常に進化していること、そして驚くほど雑然としていると同時に美しい街であることです。人種や文化のるつぼというアメリカの側面を象徴しつつ、全くダメな要素もある。それらが全て集約されていて、物語を描くにはピッタリの環境なのです。」と持論。かつて憧れ、今は自身が暮らす街ニューヨークの魅力を語った。

さよなら、僕のマンハッタン
© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

「解放された気分でしたよ」

『アメイジング・スパイダーマン』シリーズといった超大作を手掛ける一方、『(500)日のサマー』『ギフテッド』そして『さよなら、僕のマンハッタン』などの小規模作品も手掛けてきたウェブ監督。様々な制約から開放されよりクリエイティブに集中できる本作のインディペンデントな映画製作について、次のように語った。

「『アメイジング・スパイダーマン』を撮る前は、撮影がどんな感じになるか気になりましたが、撮影後に役者たちと交わす会話は同じでした。同様に、技術、展開、カタルシスやニュアンスについて考えますし、多くの側面で似ていました。
違いと言えば、準備や人々の期待、そして作品が関わる様々なもののスケールですが、それは制作とは別のことです。これらの違いはありますが、全く違ったアプローチはできません。注目されず期待に応えなくてはというプレッシャーもない、解放された気分でしたよ。映画のクリエイティブな要素を全て集結させ、自分たちが作りたい作品を作れたことは素晴らしかったです。ファンの子供がコスチュームについてどう思うかな、と心配する必要もありませんしね。とても楽しめました。」

「本作の制作を一言で表すと?」と尋ねられると「楽しくてウキウキする、まるでバケーションのような撮影でした。映画制作における11番目の戒律は“なんじ、ジェフ・ブリッジスと映画を作れ”ですね(笑)」と、制作を心から楽しんだ様子と共に、憧れのジェフ・ブリッジスとの仕事の興奮を垣間見せた。

『さよなら、僕のマンハッタン』

音楽愛に溢れたハイセンスな作風の『(500)日のサマー』でセンセーショナルなデビューを飾ったウェブ監督が『サマー』以前に脚本に出会い、10年以上の歳月をかけてついに映画化を果たした最新作『さよなら、僕のマンハッタン』。監督がインディペンデントに戻り、家族の素晴らしさを描いた『gifted/ギフテッド』を経て、『サマー』から8年ぶりに描くファン待望の青春ドラマだ。退屈な毎日を送っていた青年が、おかしな隣人と父の愛人との出会いを経て、少しだけ大人へと成長する物語は、私たちに“子供でも大人でもなかった”あの頃の気持ちをほろ苦い青春の記憶と共に思い出させてくれる。

悩める主人公トーマスを演じるのは『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の出演も控える若手俳優カラム・ターナー。他、ジェフ・ブリッジス、ケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン、シンシア・ニクソン、カーシー・クレモンズなど新旧豪華キャストが共演を果たした。

映画『さよなら、僕のマンハッタン』は、2018年4月14日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国順次公開。

『さよなら、僕のマンハッタン』公式サイト:http://www.longride.jp/olb-movie/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly