Menu
(0)

Search

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』シャロン・テート殺人事件から50年、本編映像&場面写真が到着 ─ マーゴット・ロビーが蘇らせる日常の姿

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオ&ブラッド・ピット主演、クエンティン・タランティーノ監督最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』より、ストーリーの軸を担う実在の女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)を捉えた本編映像と場面写真が到着した。

本日2019年8月9日(金)、シャロンがカルト集団マンソン・ファミリーに殺害された事件からちょうど50年を迎える。シャロン自身の写真もあわせて、本作のキーポイント、そしてシャロン・テートという人物に思いを馳せてほしい。

シャロン・テートは、1960年代にテレビの小シリーズに出演し、映画『吸血鬼』(1967)への出演を縁として、 1968年に映画監督ロマン・ポランスキーと結婚。翌年1969年8月9日に、狂信的カルト指導者チャールズ・マンソンの信奉者たちによって、ロサンゼルスの自宅にて、妊娠8か月という身重の身で、偶然自宅を訪れていた友人とともに殺害された。この事件は、犯罪史上未曽有の猟奇的殺人事件として全米を震撼させている。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でシャロンを演じるのは、『スーサイド・スクワッド』(2016)や『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2017)のマーゴット・ロビー。このたび公開された映像では、マンソン・ファミリーによって殺害される以前、幸せの絶頂にあるシャロンを見ることができる。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

ぴったりとした黒いタートルネックと、白いミニスカートに合わせたキュートな白いブーツといういでたちで、シャロンは映画館のチケット売り場にさっそうと現れる。自身が出演した『サイレンサー第4弾/破壊部隊』(1968)を鑑賞しにやってきたシャロンは、観客と同じようにチケットを購入しようとするも、思い立って「もし私が映画に出ていたら?」と受付嬢に茶目っ気たっぷりに問いかける。「映画に出ているの。シャロン・テートよ」。

若くして殺害された悲劇の美人女優という文脈で語られることの多いシャロンだが、本編では、自身の映画で観客が笑う様子にうれしそうな表情を見せたり、公開された場面写真にもあるように、流行のファッションに身を包み、男性誌「プレイボーイ」の創設者であるヒュー・ヘフナーのパーティに夫ポランスキーとともに繰り出したりと、等身大の女性としての姿もきちんと描かれている。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

ちなみに、『サイレンサー第4弾/破壊部隊』にはシャロンのアクションシーンもあり、ブルース・リーから指導を受けたともいわれている。もしも事件が起きなければ、彼女はその後、どのような作品に出演し、活躍を続けていたのだろうか。

サイレンサー 第4弾 破壊部隊
『サイレンサー 第4弾 破壊部隊』©1968, RENEWED 1996 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
サイレンサー 第4弾 破壊部隊
『サイレンサー 第4弾 破壊部隊』©1968, RENEWED 1996 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
サイレンサー 第4弾 破壊部隊
『サイレンサー 第4弾 破壊部隊』©1968, RENEWED 1996 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

シャロン・テートを殺害したのは、チャールズ・マンソンと、「マンソン・ファミリー」と呼ばれる信奉者たち。マンソンは自らをキリストの復活、悪魔とも称してヒッピー・コミューンを形成し、音楽やセックス、ドラッグによって、社会からドロップアウトした若者を意のままに操っていた。本作でも、ファミリーのメンバーがスパーン映画牧場で暮らしている様が描かれている。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』では、1969年に起こったマンソン・ファミリーによるシャロン・テート殺人事件を軸に、ディカプリオが演じる落ち目の俳優リック・ダルトンと、ピット演じるリックのスタントマン、クリフ・ブースの2人を通して、過渡期を迎えるハリウッドの光と影が映し出されていく。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

1969年夏、ロサンゼルス。人気のピークを過ぎたテレビ俳優リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は、映画スターへの転身を図るもうまくいかない現実に焦りを抱えていた。リックを支えるのは、彼の付き人でスタントマン、親友のクリフ・ブース(ブラッド・ピット)だ。二人は友情で結ばれていたが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。

そんなある日、リックの隣家に、時代の寵児ロマン・ポランスキー監督と新進女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)夫妻が引っ越してくる。ハリウッドの明暗を目の当たりにしながら、リックは再び俳優としての光を求め、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演すると決意するのだった。そして、1969年8月9日。それぞれの人生を巻き込みながら、映画史を塗り替える【事件】が起こる。

タランティーノは、自分が育った当時のハリウッド、いまや失われてしまったハリウッドを描くため、5年の歳月を費やして脚本を執筆。プロデューサーのデヴィッド・ハイマンが「タランティーノ作品の中でも極めてユニークかつ最も感情がこもった作品」と語る渾身の作品となった。タランティーノはかねてより「映画を10作撮ったら監督を引退する」と述べており、本作は「最後から2番目の作品」といわれていたが、本作完成後には「この作品で最後にするかも」とも発言している。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は2019年8月30日(金)全国ロードショー

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』公式サイト:http://www.onceinhollywood.jp/

サイレンサー 第4弾 破壊部隊

『サイレンサー 第4弾 破壊部隊』
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
DVD 1,410円(税別)

©1968, RENEWED 1996 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

『ワンハリ』特別特集、第1弾はシャロン・テート殺人事件を徹底解説

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly