Menu
(0)

Search

タランティーノ最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』8月30日に日本公開決定 ─ レオナルド・ディカプリオ&ブラッド・ピットが初タッグ

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

クエンティン・タランティーノの長編第9作となる、最新作ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドが2019年8月30日(金)に日本公開されることが決定。このたび、日本版ポスターと場面写真が到着した。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

物語の舞台となるのは、1969年のロサンジェルス。同年に発生したチャールズ・マンソン一味による女優シャロン・テートの殺害事件と、テートの隣人である落ち目のテレビ俳優と彼のスタントマンがハリウッドで成り上がろうとする様子が描かれるという。タランティーノは“ハリウッド黄金時代”の最期を描くため、当時のハリウッド、いまや失われてしまったハリウッドに郷愁とリスペクトを込め、5年の歳月を費やして脚本を執筆した。

本作では『ジャンゴ 繋がれざる者』 (2012)でタランティーノ作品に初めて出演したレオナルド・ディカプリオと、『イングロリアス・バスターズ』(2009)で同じくタランティーノ作品での初主演を務めたブラッド・ピットという2大スターが初タッグ。ディカプリオは、ハリウッドで俳優としての栄光を取り戻したがっている落ち目のテレビ俳優リック・ダルトン役、ピットは彼のスタントマンであるクリフ・ブース役を演じる。当時、新人女優として人気を誇っていたシャロン・テート役は『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2018)のマーゴット・ロビーが演じる。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

そのほか、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』には従来のタランティーノ作品をしのぐ豪華キャストが集結。『ゴッドファーザー』(1972)のアル・パチーノや『ヘイトフル・エイト』(2015)のブルース・ダーンら重鎮のほか、『アイ・アム・サム』(2001)のダコタ・ファニング、『X-MEN』シリーズのジェームズ・マースデン、タランティーノ作品の常連者であるティム・ロス&マイケル・マドセン&カート・ラッセルが出演する。また『イン・トゥ・ザ・ワイルド』(2007)のエミール・ハーシュ、『ダイ・ハード 4.0』(2007)のティモシー・オリファント、『オーシャンズ8』(2018)のダミアン・ルイスら新旧実力派も登場。先日急逝した「ビバリーヒルズ高校白書」のルーク・ペリーも出演しており、映画としては本作が遺作となった。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は2019年8月30日(金)全国ロードショー

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』公式サイト:http://www.onceinhollywood.jp/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly