Menu
(0)

Search

世界巡回展「スター・ウォーズ アイデンティティーズ」日本展が開催決定 ─ キャラクターと「フォース」を再発見・再認識する大規模展

STAR WARS™ Identities: The Exhibition

『スター・ウォーズ』の世界を体感できる大規模な世界巡回展、「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」(STAR WARS Identities)の日本展が、2019年8月8日(木)より2020年1月13日(月・祝)まで寺田倉庫 G1-5Fにて開催されることがわかった。チケットは2019年4月24日(水)正午より発売される。

「STAR WARS Identities」とは?

最新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開を2019年12月に控える中、「STAR WARS Identities」はスター・ウォーズのキャラクターを新しい形で再発見・再認識できるエキシビションとして日本に上陸。カナダのX3プロダクションズがルーカスフィルムと共同開発・制作し、ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アートが所蔵する膨大なアーカイブ・コレクションを展示。2012 年にカナダ・モントリオールを皮切りに7か国 12 都市を巡回、累計約200万人を動員している。

来場者は展示を通して、スター・ウォーズの世界観だけでなく、人々を形成するアイデンティティーの科学を探求。「STAR WARS Identities」は「コレクション」「インタラクティブなクエスト」「科学的コンテンツ」の3本柱で構築され、スター・ウォーズのキャラクターをより深く理解することができる。また「What forces shape you?(自分を形成するフォースは何か?)」という問いに対して、来場者は会場内にある10のインタラクティブスペースにて答えを探る。問いに答えることで自分が選択したキャラクターのアイデンティティーを形成し、自身がスター・ウォーズの世界に存在した場合のキャラクターを創るという趣向だ。

STAR WARS™ Identities: The Exhibition

200点以上のオリジナル・コレクション

会場には、ルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アート所蔵の200点以上の膨大なオリジナル・コレクションから、小道具や模型、衣装、映画のオリジナルイラストを展示。オリジナル・トリロジー(1977-1983)、プリクエル・トリロジー(1999-2005)、アニメ「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)までが網羅された。ダース・ベイダー、R2-D2、チューバッカ、ボバ・フェット、ヨーダ、ミレニアム・ファルコンなどが幅広い世代の来場者を魅了する。

STAR WARS™ Identities: The Exhibition
ダース・ベイダー
STAR WARS™ Identities: The Exhibition
ヨーダ
STAR WARS™ Identities: The Exhibition
帝国軍のビークル
STAR WARS™ Identities: The Exhibition
カーボン凍結されたハン・ソロ&奴隷となったレイア




インタラクティブスペースでアイデンティティを探求

エキシビションでは、現実世界と独創的なスター・ウォーズの世界観との両方で人間を形成するアイデンティティの複雑な概念をひも解きます。スター・ウォーズの象徴的なキャラクターの開発に関するメイキング映像にも焦点を当てており、キャラクターがどのように現在の設定になったのかを解説し、制作過程によって全く別の設定に変容した様子も観ることができます。

インタラクティブスペースは、モントリオール・サイエンス・センターと科学アドバイザーの協力のもと、「キャラクターの起源」「キャラクターを形創った影響」「キャラクターが行った選択」のテーマで構成。各テーマを追うことで、人間を形成する10のアイデンティティを探求する。

  1. 「キャラクターの起源」/【種族】【遺伝子】【文化】をひも解く
  2. 「キャラクターを形創った影響」/【師弟】【仲間】【人生の出来事】をひも解く
  3. 「キャラクターが行った選択」/【活動】【性格】【価値観】をひも解く

STAR WARS™ Identities: The Exhibition

会場内には10のインタラクティブスペースが設置されており、来場者が問いに答えると、その選択はスター・ウォーズの世界とリンクし、回答者の個性が反映されたキャラクターのアイデンティティが創り上げられる仕組みだ。「もしも自分がスター・ウォーズの世界に存在したら、どんなアイデンティティの持ち主なのか?」。パターンは全5千万通りで、創り上げたキャラクターは、最後に発行されるURLを通じて持ち帰ることもできる。

STAR WARS™ Identities: The Exhibition

ジョージ・ルーカス コメント

スター・ウォーズはファンタジーの世界で展開されるストーリーのため、映画を見る人々が共感できる、わかりやすいキャラクター設定を心がけました。想像の世界から飛び出したようなキャラクター達は友人、敵、価値や信念などの背景を知って初めて彼らの真のアイデンティティが見えてきます。本展覧会では、スター・ウォーズのキャラクターを改めて同じ目線で見て、共感して、一人一人に潜むアイデンティティが何かを問いかけます。

企画者「X3 プロダクションズ」コメント

このエキシビションはスター・ウォーズの愛するキャラクターの新鮮な見方を与えるものです。それぞれのアイデンティティをより深く理解し、同時に我々自身のアイデンティティについても理解を深めることができます。展示コレクションやインタラクティブ要素、科学的コンテンツ・ワークが手を取り合ってシームレスでエキサイティングな体験が可能となっています。キャラクターを通じたアイデンティティーの冒険なのです。(ソフィー・デービニエンス:X3 プロダクションズ)



日本展の開催にあたっては、作品の大ファンだというモデルの市川紗椰がアンバサダーに就任。本展の追加情報は公式サイトにて順次発表されるという。

「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」公式サイト:http://www.starwarsidentities.jp/

ギャラリー

「STAR WARS Identities」開催概要

タイトル STAR WARS™ Identities: The Exhibition
(日本語表記・読み:スター・ウォーズ™ アイデンティティーズ:ザ・エキシビション)
*省略表記:STAR WARS Identities(日本語表記・読み:スター・ウォーズ アイデンティティーズ)
会場 寺田倉庫 G1-5F(東京都品川区東品川2-6-4)
会期 2019年8月8日(木)~2020年1月13日(月・祝)
時間 10:00〜19:00(最終入場 18:30)
休館日 2019年9月9日(月)、10月21日(月)、11月18日(月)、2020年1月1日(水・祝)~1月3日(金)
アクセス りんかい線「天王洲アイル」駅B出口より徒歩4分
東京モノレール羽田空港線「天王洲アイル」駅 中央口より徒歩5分
公式サイト http://www.starwarsidentities.jp
お問い合わせ先 info@starwarsidentities.jp

主催:スター・ウォーズ アイデンティティーズ 日本実行委員会
後援:日本テレビ 特別協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン 企画制作・運営:ソニー・ミュージックソリューションズ

チケット情報

2019年8月8日(木)〜10月31日(木)ご入場分のチケットを、2019 年4月24日(水)正午より販売。電子チケットサービス「ticket board」(https://ticket.tickebo.jp/STARWARS-ID/)より購入できる。11 月以降のご入場チケットは、2019年8月の日本展開幕ごろ発売予定。チケットは入場時間が決まっている日時指定制だ。

  大人(中学生以上) 小人(小学生以下) 親子チケット
(小人1名以上を含むご家族4人)
前売券 3,200 円 2,000 円 10,000 円
当日券 3,500 円 2,300 円

※上記、料金は全て税込み。

*ご入場いただける日時が指定されたチケットとなります。
*おひとり様、1 つの時間枠につき 4 枚までご購入できます。
*6 歳未満(未就学児)は入場無料です。
*各日前日の 23:59 まで前売料金にてご購入いただけます。
*当日券は、各日入場枠に残数がある場合、会場付近で販売予定です。詳しくは公式サイトにてご案内させていただきます。

なお、日本唯一公式 「スター ・ ウォーズの日 」の祭典=「“STAR WARS DAY” TOKYO2019」イベント会場にて、「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」イベント限定シリアルナンバー入りの特別優先入場チケットが販売される。“May the 4th ”にちなんで540 枚限定のレアチケット、詳細はイベント特設サイトにてご確認ください。

【注意事項】
◆前売りチケット(大人)価格よりもお求めやすい、イベント限定特別価格 3,000 円(税込)にて販売いたします。
◆会場でのチケット販売は現金のみの取り扱いとなります。
◆お一人さま 1 枚までの購入制限となります。なくなり次第販売終了とさせていただきます。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly