ディカプリオ&ブラピ主演、タランティーノ新作映画が米国で公開繰り上げ ― スパイダーマン、トップガン、ワイスピなどと激突へ

クエンティン・タランティーノ監督の長編第9作、映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(邦題未定、原題:Once Upon a Time in Hollywood)』の米国公開日が繰り上げられたことがわかった。米Variety誌ほか複数のメディアが報じている。

米国配給を担当する米ソニー・ピクチャーズによれば、本作の米国公開日は当初予定されていた2019年8月9日から、2019年7月26日へと2週間繰り上げられたという。
本作の題材は、1969年に発生したカルト指導者チャールズ・マンソンによる女優シャロン・テートの殺害事件。当初の公開日だった8月9日はシャロン・テート殺害事件の発生日であり、ちょうど事件から50年という節目だった。この日に映画を公開することを避け、物議を醸すことを未然に防ぐ意図があるのではないかとVariety誌は記している。


『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ではレオナルド・ディカプリオブラッド・ピットが主演を務め、さらにマーゴット・ロビーアル・パチーノバート・レイノルズといった超豪華キャストが一堂に会する。
本作でディカプリオが演じるのは、落ち目の俳優リック・ダルトン。ピットはその親友にしてスタントダブルのクリフ・ブースを演じる。二人の男が栄光を再び手にしようともがく物語と、ダルトンの隣人であるシャロン・テート(ロビー)の物語が、タランティーノの代表作『パルプ・フィクション』(1994)のようなオムニバス形式で描かれることになるようだ。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

 

なお、このたび米国公開が繰り上げられたことによって、本作はアメリカにおいて夏の映画商戦の“ド真ん中”に突っ込んでいくことになる。
なぜなら2019年7月には『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(邦題未定、原題:Spider-Man: Far From Home)』やトム・クルーズ主演の続編映画『トップガン2(仮題)』、ディズニー実写版『ライオン・キング(邦題未定、原題:The Lion King)』が公開されるほか、本作と同日には『ワイルド・スピード』のスピンオフ映画『Hobbs and Shaw(原題)』も封切られる。さらに8月には『X-MEN』のスピンオフ映画『ニュー・ミュータンツ(邦題未定、原題:New Mutants)』も控えているのだ。いずれも日本公開日は不明だが、まぎれもなくすさまじい激戦区とあって、今から映画ファンのお財布が心配になる……。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(邦題未定、原題:Once Upon a Time in Hollywood)』は2019年下半期に日本公開予定。とにかく、できるだけ早く観られることを祈りたい!

Source: Variety

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。