Menu
(0)

Search

ジャレッド・レト、浅野忠信、椎名桔平らがヤクザ役で夢の共演!Netflix『アウトサイダー』3月9日配信、予告編とビジュアル到着

アウトサイダー

『スーサイド・スクワッド』(2016)のジャレッド・レト主演、オール日本ロケで撮影された映画『アウトサイダー』が、Netflixにて2018年3月9日(金)より全世界で同時配信される。この度、日本語字幕付きの予告編及び場面写真、キービジュアルが公開された。

アウトサイダー

『アウトサイダー』は、アカデミー賞俳優のジャレッド・レトを主演に迎え、第二次世界大戦後の混沌とした1954年の日本を舞台に、裏社会の男たちの生き様を描く。『バトルシップ』(2012)、『沈黙-サイレンス-』(2016)やマーベル『マイティ・ソー』シリーズにも出演するなど世界で活躍する浅野忠信、2016年『Darc』にてハリウッドデビューを果たした椎名桔平、そして本作でハリウッド映画本格進出を果たし、2018年公開予定の『デッドプール2(仮題)』への出演も決定している忽那汐里、ほか大森南朋田中泯が重要な役どころで参戦。予告編ではジャレッド・レト演じるニック・ローウェルが戦後の大阪でのし上がっていく姿などを垣間見ることができる。

浅野忠信がジャレッド・レトに与える「仕事」とは

ニック(ジャレッド・レト)が収容されていた刑務所で清(浅野忠信)の命を救ったことから、出所後も固い絆で結ばれていく二人。日本で行き場のない彼に、清が与えた「お前にしかできない仕事」とは、殺しのことのようだ。清が所属する大阪の白松組と、神戸の新興勢力がしのぎを削る工場の一室で、同じアメリカ人の脳天にタイプライターを直撃垂直落下させる。

衝撃的な映像とクロスして挿入されるのが、何やら不穏な雰囲気で仕事を依頼してきた清との会話。「失敗したら?」の質問に「お前は殺される」と即答する清。「面白そうだ」と快諾するニック。髪をオールバックに纏め、黒スーツによる華麗なアクションも披露する。

アウトサイダー アウトサイダー アウトサイダー アウトサイダー

「お前は組よりも、この外人を選ぶんかい!」

突然現れたニックの存在を疎ましく思う、清と兄弟分のオロチ(椎名桔平)。ニックに日本刀を見せつけながら「You’re a GAIJIN.Outsider.(おまえはガイジン、よそ者だ)と憎しみを込めて言い放つ。一体なぜ、彼はニックを排除しようとするのか。男同士の友情と嫉妬が不協和音を奏で始める…。

「お前には家族もない。家もない。お前が選べ」と語りかける白松組組長(田中泯)と杯を交わし、日本の裏社会で生きることを決意したニック。勢津ヒロミツ(大森南朋)率いる神戸の新興勢力と一触即発の緊張状態の中、遂に抗争が始まる。白松の「裏切ったのは誰や!」という怒りを抑えきれないセリフと共に走り去る車に乗る人物とは。

アウトサイダー

「滝を登った鯉は龍になれる」─ヒロイン美由には忽那汐里

続いて清の妹・美由が登場。ニックとのドライブシーン、そして立派な刺青が施された背中が美しいベッドシーンに目を奪われる。清からは「ヤクザに愛なんて許されない」とニックとの関係に釘を刺されるが、二人の関係はどんどんと深まっていく。“誇り、愛、復讐”という本作のキーワードが映し出される中、ニックの「生きていくには抗うことが必要だ」と決意のこもったセリフが発せられる。 

アウトサイダー

漢達の“抗う生き様”を描く映画『アウトサイダー』は、Netflixにて2018年3月9日(金)より配信予定。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly