Menu
(0)

Search

ギレルモ・デル・トロ、『パシフィック・リム:アップライジング』自身の構想案を明かす ─「プリカーサーは数千年後の人類」

パシフィック・リム:アップライジング
(c) 2018 LEGENDARY AND UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.

ギレルモ・デル・トロ監督が生み出し世界中を熱狂させた怪獣映画、『パシフィック・リム』(2013)。その続編パシフィック・リム:アップライジング』(2018)でもまた、デル・トロが監督・脚本を続投する予定だったが、様々な理由で企画が難航した結果、『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)の製作に専念するため離脱。プロデューサーとして企画に残留したものの、すでに書き上げられていた脚本が使用されることはなかったのだ。

この記事には、『パシフィック・リム:アップライジング』のネタバレが含まれています。

『パシフィック・リム:アップライジング』では、10年後の世界を舞台に新世代のイェーガーパイロットたちが、地球に再び襲来したKAIJUと戦う姿が描かれた。デル・トロが構想していた物語では一体どんな展開が待ち受けていたのだろうか。

The Wrapのインタビューにてデル・トロは「ヴィランはインターネット2.0のようなものを発明した技術者だった」と構想を明かす。ヴィランの技術者は異世界から信号を受け取っているようで、その異性界に住む相手というのがプリカーサーだったのだ。プリカーサーとは怪獣の創造主のことで、デル・トロによると「プリカーサーは数千年後の未来の人類だと判明する」「彼らは生き延びるため地球を侵略し、テラフォーミングしようとしている」のだという。

また、公開となった続編では、前作の登場人物のほとんどが復帰しなかった。その中で再登場したのが、菊地凛子演じる森マコ。前作ではイェーガーパイロットとして、KAIJUとの壮絶な戦いを制し人類を危機的状況から救った。続編では、イェーガーパイロットから司令官へと成長を遂げて登場。しかし、オブシディアン・フューリーの攻撃を受けて死亡してしまうのだ。

そんなマコについてデル・トロは、「僕にとってのヒーローはマコでした。彼女には生きていてもらいたかっただけでなく、メインキャラクターのひとりであって欲しかったです」と正直な想いを語っている。すでに叶わぬ夢かもしれないが、マコがイェーガーパイロットとして第一線で戦う姿を観てみたいと思うのは筆者だけではないはずだ。

あわせて読みたい

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly