Menu
(0)

Search

『パディントン3』企画進行中! 前2作監督ポール・キング、監督としての再登板は見込み薄

パディントン
A STUDIOCANAL RELEASE (C)2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S. PADDINGTON BEARTM, PADDINGTONTM AND PBTM ARE TRADEMARKS OF PADDINGTON AND COMPANY LIMITED www.paddington.com

英国アカデミー賞など数多くの賞に輝く(第1作)、映画『パディントン』シリーズ第3作の企画が進行していることがわかった。2014年の第1作、2017年の第2作でプロデューサーを務めたデヴィッド・ハイマン氏が、米Colliderのインタビューにて明かしている。

映画『パディントン』シリーズは、マイケル・ボンドによる児童文学「くまのパディントン」を原作に、上質なストーリーテリングと豊かなユーモア、そしてパディントンのキュートさで絶大なる支持を獲得した。
デヴィッド氏によると、現在『パディントン』第3作は脚本作業中とのこと。脚本そのものは完成していないが、ストーリーの要約(トリートメント)の執筆作業が行われているという。なお、前2作を手がけたポール・キング監督が、次回作に再び監督として登板する見込みは薄いようだ。

ポール・キングが第3作を撮ることにはならないと思います。彼は以前の2作品を監督してくれて、僕と彼は別のプロジェクトに参加しているんです。僕たちは『パディントン』第3作の開発を進めています。[中略]
ポールも関わっていますよ。僕は彼に関わってほしかったんです、(作り手として)非常に意義のある声の持ち主ですから。監督はしないと思いますが、サイモン・ファーナビー(『パディントン2』脚本)やマーク・バートン(脚本家)と一緒にアイデアを出してくれています。開発を進めて、何度もやり直して、それから脚本が書かれて、そこにポールが入って、ちょっと引っかきまわすという。でも、ポールは本当に力強い協力者ですよ。すごくポジティブで、協力的で。」

パディントン
A STUDIOCANAL RELEASE (C)2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S. PADDINGTON BEARTM, PADDINGTONTM AND PBTM ARE TRADEMARKS OF PADDINGTON AND COMPANY LIMITED www.paddington.com

『パディントン』第3作にポール監督が関与しない背景には、すでに監督が複数の企画に関与していることが挙げられる。デヴィッド氏が言及した“別のプロジェクト”であろう、映画『チャーリーとチョコレート工場』(2005)の原作小説「チョコレート工場の秘密」を原案とする『ウィリー・ウォンカ(原題:Willy Wonka)』や、ディズニー実写映画版『ピノキオ(邦題未定、原題:Pinocchio)』への契約交渉に入ったことが以前より報じられていたのだ。

しかしデヴィッド氏のコメントによれば、『パディントン』第3作にもポール監督はなんらかの形でクレジットされることになりそうだ。監督こそ別人に代わることになりそうだが、脚本や製作総指揮として続投する可能性は高いだろう。しかし、前2作が極めて高い評価を得ていただけに、監督後継者には高いハードルが設けられることになる。現在企画に携わっているメンバーも、脚本などの時点で前2作に等しいクオリティを見込めないかぎり、製作にゴーサインを出さない意向だそうだ。

「実現させられたらいいなと思いますよ。すごく楽しい、ゆかいなアイデアですしね。まだわからないんです。いい作品になると思えなければ作りたくないので。」

映画『パディントン』『パディントン2』Blu-ray&DVDは発売中。

Source: Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly