Menu
(0)

Search

セバスチャン・スタンが「モトリー・クルー」トミー・リー役、ドラマ「Pam & Tommy」米予告が公開 ─ 世間を騒がせたスキャンダルに迫る

PAM&TOMMY
https://youtu.be/yNbNNacjTDQ

マーベル・シネマティック・ユニバースのバッキー・バーンズ役で知られるセバスチャン・スタンが、2021年に結成40周年を迎えたバンド「モトリー・クルー」のドラマー、トミー・リーに扮する新ドラマ「Pam & Tommy(原題)」の米国版予告編が公開された。ドラマ「ベイウォッチ」(1992-1997)などで知られる女優パメラ・アンダーソンとトミー・リーに起きたスキャンダルが描かれる。

実話に基づく「Pam & Tommy」では、タブロイド誌を騒がせたパメラ&トミーの熱愛やスキャンダル、二人の関係性に迫っていく。1995年、出会って96時間後に結婚したパメラとトミーは、新婚旅行での性行為を記録したVHSテープが何者かによって盗まれ、流出される被害に遭った。

予告映像の前半では、運命的な出会いを果たしたトミーとパメラの様子が勢いそのままリズミカルに映し出されていくが、その裏では2人の男による醜い企てがあった。セス・ローゲン演じるVHSテープを盗んだ男は、「俺たちの居場所を特定できない場所でテープを売れたとしたら?」と頭を働かせ、ウェブサイト上で売買・流出してしまったのだ。(今では位置情報が容易に特定されてしまうであろう。)

これを知ったパメラとトミーは、「あなたはことの重大さが分かっていない」「俺もそのテープに映っているじゃないか」「私のほうがマズイんだから」「なんでそうなるんだよ」と口論。セレブリティの2人は、当然のことながらマスコミから追われ、世間の注目を集めるようになる。スキャンダルから25年、セバスチャン・スタンとリリー・ジェームズによって蘇る当時の衝撃は、どう切り取られていくのだろうか。

スキャンダルのきっかけを生んだ男を演じるローゲンは、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(2007)や『ソーセージ・パーティ』(2016)「ザ・ボーイズ」(2019-)など、数々の作品を共同で手掛けてきたエヴァン・ゴールドバーグと原案を兼任している。シリーズの監督を務めるのは、セバスチャン・スタンも出演した『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2017)のクレイグ・ガレスピー。脚本には『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』(2016)『レスラー』(2008)のロバート・シーゲルが就任している。なおパメラ&トミー本人は企画に関与していない。

ドラマ「Pam & Tommy(原題)」は、2022年2月2日に米Hulu配信開始。

あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly