Menu
(0)

Search

チャーリー・ハナム&ラミ・マレック共演『パピヨン』予告編&ビジュアル公開 ─ 伝説の脱獄冒険活劇、旬のスターで復活

パピヨン
© 2017 Papillon Movie Finance LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『パシフィック・リム』(2013)『キング・アーサー』(2017)のチャーリー・ハナム、『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)でアカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックという、今もっとも旬のスター俳優がタッグを組んだ脱獄映画『パピヨン』が2019年6月21日(金)にTOHOシネマズ シャンテほか全国公開される。このたび、本作の予告編映像と本ビジュアルが到着した。


1931年のパリ、“狂乱の時代”の終焉。胸に蝶の刺青を入れていることから「パピヨン」と呼ばれた男は、無実の罪で終身刑を言い渡され、フランス領・南米ギアナの悪魔島に送られる。周囲を海に囲まれたこの島は脱出不可能な場所として知られ、囚人達は人権をはく奪されて過酷な強制労働を科せられていた。絶望と死が支配する場所にて、自由と希望を求めて足掻くパピヨンは、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガと出会い、やがて奇妙な友情で結ばれてゆく。

作家アンリ・シャリエールの壮絶な実体験を基にした、終身刑囚パピヨンの13年に及ぶ命をかけた脱獄劇。この世界的なベストセラー自伝小説は、1973年に『猿の惑星』(1968)などの名匠フランクリン・J・シャフナー監督と、ハリウッドの異端児と呼ばれた脚本家ダルトン・トランボのタッグにより映画化された。同作はパピヨン役スティーヴ・マックイーンの鬼気迫る熱演、そしてダスティン・ホフマン演じるドガとの熱い友情で人々の共感と感動を呼び、大ヒットを記録している。

そして2019年、再びパピヨンが還ってくる。このたび公開された予告編映像では、無実の罪で投獄されるパピヨン(チャーリー・ハナム)が、偽札作りの天才ドガ(ラミ・マレック)に脱獄を持ちかけるといった囚人たちの駆け引きや、脱獄不可能とされる悪魔島からの脱出、看守の隙をみての逃亡など緊迫したシーンが連続。また本ビジュアルにはチャーリーとラミの熱いタッグが強調されている。

絶望の淵に追いやられても、決して自由と希望を諦めない男たち。実話を基にした脱獄冒険活劇が、長らくの時を経て、ふたたび日本にやってくる。

『パピヨン』ギャラリー

映画『パピヨン』は2019年6月21日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

『パピヨン』公式サイト:http://www.transformer.co.jp/m/Papillon/

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly