Menu
(0)

Search

『パラノーマル・アクティビティ』リブートで復活 ─ 『ハッピー・デス・デイ』監督が脚本家としてカムバック

パラノーマル・アクティビティ
© Paramount Pictures 写真:ゼータイメージ

2000年代後半に話題を読んだモキュメンタリー形式のホラー映画『パラノーマル・アクティビティ』が、リブートとして復活を遂げることがわかった。米The Hollywood Reporterが報じた。

監督は『アンダーウォーター』(2020)のウィリアム・ユーバンク。『ハッピー・デス・デイ』シリーズや『ザ・スイッチ』(2020)監督のクリストファー・ランドンが脚本を手掛ける。

『パラノーマル・アクティビティ』は、自宅で起こる不可解な怪奇現象を、全編ホームビデオで撮影した生々しい映像が話題を呼んだホラー映画。2007年に自主製作にて公開された第一作で人気に火が付き、2009年に『パラノーマル・アクティビティ2』が、2011年に『パラノーマル・アクティビティ3』、2012年に『パラノーマル・アクティビティ4』、2014年に『パラノーマル・アクティビティ/呪いの印』、そして2015年に『パラノーマル・アクティビティ5』が公開された。

この度のリブート版で脚本を務めるランドンは、シリーズ第2作から5作にかけても脚本を担当しており、第5作では監督も手掛けている。『ハッピー・デス・デイ』のブレイクを経て、再びこのシリーズに戻る形だ。

過去シリーズ同様、ブラムハウスのジェイソン・ブラムが製作に参加。製作総指揮にはスティーヴン・シュナイダーも続投する。

物語の詳細は伝えられていないが、ファウンド・フッテージの形式は踏襲されるという。2022年3月4日の米公開予定がアナウンスされている。

Source:The Hollywood Reporter

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly