Menu
(0)

Search

『ワイルド・スピード』亡きポール・ウォーカーの家族がシリーズ継続の背中押す ─ ローマン役タイリース・ギブソンが振り返る

©Universal Pictures

今や世界的人気を誇るカーアクションシリーズ『ワイルド・スピード』。その成功は、必ずしも幸運の連続というわけではなく、シリーズの顔とも言えるブライアン・オコナー役のポール・ウォーカーを不慮の事故で失うという悲劇も経験した。

2013年11月、『ワイルド・スピード SKY MISSION』の撮影期間中に起きたこの出来事を境に、同作の完成はおろか一時はシリーズ継続自体も危ぶまれたが、前へ進み続けることを後押ししたのは、ポールの家族だったという。ブライアンの幼馴馴染みローマン・ピアース役のタイリース・ギブソンが、米MAXIMとのインタビューにて語っている。

『ワイルド・スピード EURO MISSION』より
©Universal Pictures

『SKY MISSION』以前の6作品(『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』は除く)で、ブライアンは、ヴィン・ディーゼル演じるドミニクと共に物語の中心人物であり、シリーズには必要不可欠な存在であった。後にファミリーの一員となったギブソンも、「“ポールがいないんだったら、なんで(シリーズ)を続けるの?”と人は言うでしょう」と語り、シリーズ継続への世間の懸念を感じ取っていたのだそう。しかし、ギブソンは、「それこそが、僕たちが続ける理由なんですよ」と断言した。

「なぜなら、僕たちは、ポールの為にやらなきゃいけないと考えを変えたからです。けど、この最大の決断は、僕たちがポールのご家族と話した時に彼らが賛成してくれたこと。ポールが最後に出演したのは、7(『 SKY MISSION』)」で、それからポールのお父さんやお母さん、弟さんたちと(『ICE BREAK』の)プレミア上映で会った時、彼らは僕たちが歩む道に、全面的に賛同するというメッセージを送ってくれたんです。」

ポールの死から早約6年半。その姿を見ることはできなくても、ポールのレガシーは、世界中の人々に受け継がれている。生前、海をこよなく愛していたポールの意思を継ぎ、実娘メドゥ・ウォーカーはチャリティ基金「The Paul Walker Foundation」を設立。さらに、ポールの弟コディは「FuelFest」というカーイベントを主催する団体を設立し、その中でポールのメモリアル・イベントなどを開催している。プロデューサーとしても『ワイスピ』シリーズの指揮を執るヴィン・ディーゼルも、自身のInstagramにてポールへの感謝を伝える。ポールは、今も家族や『ワイスピ』ファミリーたちと共にあるのだ。

Source: MAXIM

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly