Menu
(0)

Search

一般人気決めるピープルズ・チョイス・アワードでMCU作品が5部門受賞 ─ 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』や『ブラックパンサー』で

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
© Marvel Studios 2018

現地時間2018年11月11日に行われた第44回ピープルズ・チョイス・アワード(PCA)の映画部門で、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品が10中5部門受賞する快挙を成し遂げた。

PCAとは、一般人による投票で映画/テレビ/音楽/ポップ・カルチャーの各賞を選ぶイベント。投票者が一般の観客であるため、その年に売れた作品や俳優らが評価される傾向にある。

「2018年映画賞」と「2018年アクション映画賞」に輝いたのは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。本作は世界と米国の歴代オープニング興行収入記録を更新した大ヒット作で、累計興行収入も20億ドルを突破している。2018年度No.1の話題作と言っても過言ではない本作の受賞には、誰しもが納得であろう。

続けて、ティ・チャラ/ブラックパンサー役のチャドウィック・ボーズマンが「2018年映画俳優賞」を獲得。『ブラックパンサー』(2018)は、アメリカで『インフィニティ・ウォー』をも上回る興行収入を記録するなど、社会現象を巻き起こした。本部門でノミネートされていたMCU仲間のソー役クリス・ヘムズワース、スター・ロード役クリス・プラット、アイアンマン役ロバート・ダウニー・Jr.を下しての栄冠となったことからも、同作の勢いが伺える。

ブラックパンサー
Black Panther (2018) Directed by Ryan Coogler ©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

「2018年映画女優賞」では、ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンが受賞した。『アイアンマン2』(2010)で初登場して以降、アベンジャーズのオリジナル・メンバーとして数々のMCU作品に出演してきたヨハンソンだが、意外にも今回がPCA初受賞である。

最後に「2018年アクション俳優賞」の栄冠に輝いたのは、『ブラックパンサー』オコエ役ダナイ・グリラ。本カテゴリーには、同じく『ブラックパンサー』のチャドウィック・ボーズマン、『インフィニティ・ウォー』よりクリス・ヘムズワース、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』クリス・プラット、『デッドプール2』ライアン・レイノルズがノミネートされていた。ノミネートされた中で唯一、主演を演じていないグリラが受賞したことは、オコエの人気の高さを印象付ける結果となった。

このたびの快挙を受け、『インフィニティ・ウォー』監督のルッソ兄弟はTwitterを通じてコメントを発表。「ダナイ、スカーレット、チャドウィック、おめでとう。PCAの2018年映画賞と2018年アクション映画賞で、『インフィニティ・ウォー』に投票して下さった素晴らしいファンの皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びを表した。

第44回ピープルズ・チョイス・アワード受賞結果:https://pca.eonline.com/

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly