Menu
(0)

Search

サイモン・ペッグ、新作映画で無慈悲な逃亡犯演じる ─ 13歳の少女が立ち向かうアクション・スリラー

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ベンジー役俳優 サイモン・ペッグ インタビュー
©THE RIVER

『ミッション・インポッシブル』『スター・トレック』シリーズなどで知られる俳優サイモン・ペッグが、新作映画『Becky(原題)』に出演することがわかった。Varietyが報じている。

『Becky』主人公は、ルル・ウィルソン演じる13歳の少女ベッキー。母が死んで以来、ベッキーの父は娘との関係修復のために週末に湖畔に建つ家に連れて行く。しかし、その旅はサイモン・ペッグ演じる無慈悲な男ドミニクが束ねる逃亡犯らの乱入で最悪の事態へ。反抗期の少女ベッキーは、自らの手で立ち向かう決断を下す…。


主演のルル・ウィルソンは、『アナベル 資料人形の誕生』(2017)や、ドラマ「シャープ・オブジェクツ」(スター・チャンネル放送時タイトル「KIZU -傷-」)、「ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス」などホラー/スリラー系作品での活躍目覚ましい2005年生まれの新鋭。監督はホラーコメディ『ゾンビスクール!』(2015)や、アクション・サバイバル『ブッシュウィック-武装都市-』(2017)のジョナサン・ミロとカリー・マーニオンのコンビだ。

現時点で”アクション・スリラー”と表されている以外、作風などの詳細は不明。2019年夏にも主要撮影を開始させる予定だという。

ペグペグ、こんな話題もありました

Source:Variety

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly