Menu
(0)

Search

英人気歌手パロマ・フェイス、DCドラマ「ペニーワース」でヴィラン演じる ― 代表曲「Lullaby」「Only Love Can Hurt Like This」など

パロマ・フェイス
Photo by Andy Miah https://www.flickr.com/photos/andymiah/8021215527/ Remixed by THE RIVER

イギリスで音楽チャートの第1位を獲得、数多の賞に輝く人気歌手パロマ・フェイスが、DCコミックス原作ドラマ「ペニーワース(邦題未定、原題:Pennyworth)」でヴィランを演じることがわかった。米Deadlineが報じている。

2014年に発表された代表曲「Only Love Can Hurt Like This」や、2018年2月にイギリスの人気DJシガラとコラボレーションした「Lullaby」などで知られるパロマ・フェイスは、2017年のアルバム「The Architect」で自身初となるイギリスのアルバム・チャート第1位を達成。同作はサミュエル・L・ジャクソンやジョン・レジェンドらとのコラボレーションも話題を呼んだ。

このたびパロマの出演が報じられた「ペニーワース」は、1960年代のロンドンを舞台に、ブルース・ウェイン/バットマンの執事であるアルフレッドや、ブルースの父親トーマス・ウェインの若き日々を描く前日譚ドラマ。ハンサムな容姿と実直な性格を兼ね備え、無邪気でチャーミングだった20代のアルフレッドは、いかにして冷酷な殺し屋となったのかが明らかにされるという。

本作でパロマが演じるのは、若きアルフレッドやトーマスに試練を与える残忍な悪役ベット・サイクス。報道によると、コミック「バットマン」の刊行初期に発表された作品などを基にして描かれる「活発でサディスティックで、口の悪いヴィラン」だという。

これまで、パロマは映画『Dr.パルナサスの鏡』(2009)や『クライヴ・バーカー ドレッド[恐怖]』(2009)、『ファンタスティック・ピーターパン』(2015)やテレビドラマなどに出演。パオロ・ソレンティーノ監督作品『グランドフィナーレ』(2015)には本人役で登場している。すなわち演技経験は少なくないわけだが、DCドラマのメイン・ヴィランというほどの大役は今回が初めてとなる。

「ペニーワース」で主人公アルフレッド役に起用されたのは、映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(2014)などのジャック・バノン。トーマス・ウェイン役はドラマ「フリーバッグ」(2016-)や映画『トースト ~幸せになるためのレシピ~』(2010)のベン・アルドリッジが演じるほか、アルフレッドの親友デイヴ・ボーイ役をライアン・フレッチャー、同じく親友のバッツァ役をヘインズリー・ロイド・ベネットが務める。

脚本・製作総指揮は、同じく「バットマン」シリーズの前日譚ドラマである「GOTHAM/ゴッサム」(2014-)でショーランナーを担当したブルーノ・ヘラー。同作でメガホンを取ったダニー・キャノンも監督・製作総指揮を担当する。ただし本作は「GOTHAM/ゴッサム」のスピンオフではなく、世界観も共有していない。

ドラマ「ペニーワース(邦題未定、原題:Pennyworth)」の放送時期は未定。撮影は2018年10月22日(現地時間)にイギリスにて開始される。

Source: Deadline
Eyecatch Image: Photo by Andy Miah Remixed by THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly