スティーヴン・キング『ペット・セマタリー』30年ぶりの再映画化 ― 子役が決定、死者が甦る霊園の恐怖描く

ホラー小説の巨匠、スティーヴン・キングが1983年に発表した長編小説『ペット・セマタリー』(文春文庫刊)が2019年春、30年ぶりに再映画化される。キング作品は映画版『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)に大ヒットしたことが記憶に新しいが、その後も映画やドラマなど映像化企画が次々と進行中なのだ。

映画版『ペット・セマタリー(邦題未定、原題:Pet Sematary)』は、キングによる小説に基づき、マサチューセッツ州ボストンからメイン州へと引っ越してきた医師のルイス・クリード、その妻レイチェル、そして娘エリーと息子ゲイジの4人を描く物語。ある時、一家は自宅近くの森の中に謎めいた墓地を発見する。ある悲劇が起こった時、ルイスは奇妙な隣人ジャド・クランダルを頼るが、そこから恐ろしい怪異の連鎖が幕を開き……。


Entertainment Weekly誌によれば、このたび『ペット・セマタリー』に出演することが決まったのは、娘エリー役のジーテ・ローレンスと、その弟であるゲイジ役を二人一役で演じる双子のヒューゴ&ルーカス・ラヴォア。ジーテは2007年生まれの10歳(2018年6月現在)だが、2009年から子役としての活動を始めており、ドラマ『Marvel ジェシカ・ジョーンズ』や『スニーキー・ピート』など多数の作品に出演。一方、3歳のヒューゴ&ルーカスは本作がデビュー作となる。

原作小説において、3人が演じるエリー&ゲイジは非常に重要な役割を握っている。エリーの愛する飼い猫、チャーチルが交通事故で死んでしまうことが怪異のきっかけとなるのだ。主人公ルイスがチャーチルの死骸を霊園に埋めると、なぜかチャーチルは甦ってくる。しかしその後、ゲイジが同じように交通事故に遭ってしまうのだ。

 

小説『ペット・セマタリー』は1989年に邦題『ペット・セメタリー』として映画化されており、今回は30年ぶりの再映画化となる。主人公のルイス&レイチェル夫婦を演じるのは、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(2015)ジョン・コナー役のジェイソン・クラークと、『エイリアン:コヴェナント』(2017)ファリス役のエイミー・サイメッツ。隣人ジャド・クランダル役は、『クリフハンガー』(1993)や『インターステラー』(2014)などの名優ジョン・リスゴーが演じる。

なお監督を務めるのは、『Starry Eyes(原題)』(2014)が評価されたホラー映画の新鋭デニス・ウィドマイヤー&ケヴィン・コルシュ。脚本は本作のほか、『ジェイコブス・ラダー』(1990)のリメイク版や2019年公開のハリウッド版『呪怨(邦題未定、原題:The Grudge)』など話題作を相次いで手がけるジェフ・ビューラーが執筆する。

映画『ペット・セマタリー(邦題未定、原題:Pet Sematary)』は2019年4月5日に米国公開予定

Source: EW
Eyecatch Image: Photo by John Robinson

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。