Menu
(0)

Search

ピーター・ジャクソン監督、ビートルズ新作映画を新たに企画中 ─ ポール&リンゴも参加、「ドキュメンタリーではない」と予告

『ザ・ビートルズ Get Back: ルーフトップ・コンサート』
©2021 Apple Corps Ltd. All Rights Reserved.

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどで知られるピーター・ジャクソン監督が、ザ・ビートルズの新作映画を新たに企画していることがわかった。米Deadlineが報じている。

ジャクソン監督といえば、名曲「Get Back」誕生までの制作過程を貴重なアーカイブ映像と共に蘇らせたドキュメンタリー・シリーズ「ザ・ビートルズ:Get Back」(2021)を手掛けたばかり。全3話構成で制作された本シリーズには、ポール・マッカートニーとリンゴ・スターも製作として参加。2022年7月上旬に発表された第74回エミー賞受賞候補作品には全5部門でノミネートされるなど、高評価を得ている。

このたび発表された新作企画の詳細は謎に包まれているが、ピーター・ジャクソン監督によれば、作品形式は「ドキュメンタリーではない」という。「ザ・ビートルズ:Get Back」に引き続き、本企画にはポールとリンゴも参加しているとのことで、現在は企画の可能性を探っている段階。ジャクソン監督は、「『Get Back』とは全く違うものになる」と予告している。

ドキュメンタリー作品ではないことを明言したジャクソン監督だが、フィクション作品になる可能性もあるだろう。ビートルズを題材とした作品は数多く存在し、近年では2019年にビートルズが突然忘れ去られてしまった世界を描いた『イエスタデイ』が話題を呼んだ。また、『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)『ロケットマン』(2019)『エルヴィス』(2022)といったミュージシャンの伝記映画が製作される流れもあり、ジャクソン監督が手掛ける新作映画には、その内容に注目が集まる。続報を待ちたいところだ。

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly