Menu
(0)

Search

ディズニー実写版『ピーター・パン』フック船長役にジュード・ロウが出演交渉中 ─ 当初はウィル・スミスも候補か

ジュード・ロウ「東京コミコン2019」
©THE RIVER

ディズニーによる名作アニメ『ピーターパン』(1953)の実写映画版『Peter Pan& Wendy(原題)』に、フック船長役でジュード・ロウが出演交渉中であることがわかった。米Varietyが報じている。

アニメ映画『ピーターパン』は、イギリス・ロンドンに住むダーリング家3兄妹(ウェンディ、ジョン、マイケル)が、“大人にならない少年”ピーターパンに連れられて、夢の国・ネバーランドへ旅立つ冒険物語。ディズニーによる初めての実写映画化となる本作では、脚本・監督を『ピートと秘密の友達』(2016)『さらば愛しきアウトロー』(2019)のデヴィッド・ロウリーが務める。

ジュードの出演契約が結ばれた場合、フック船長役に挑む俳優としては、スティーブン・スピルバーグ監督『フック』(1991)のダスティン・ホフマン、『ピーター・パン』(2003)のジェイソン・アイザックス、『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』(2015)のギャレット・ヘドランドらに続くものとなる。本作で描かれるフック船長像が、従来の実写版といかに差別化されるかも見どころになるだろう。

なおVarietyのジャスティン・クロール記者によると、ジュードが交渉に入る以前、ディズニーは複数の俳優に出演を打診していたとのこと。当初は、『アラジン』(2019)でジーニーを演じたウィル・スミスの名前が挙がっていたことも示唆されている。

ジャンルや作品の規模を問わず活動を続けるジュードは、近年『キャプテン・マーベル』(2019)や『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(2018)といった大作映画にも積極的に出演。本作もその流れに連なる一本といえるだろう。なお、今後は『ファンタスティック・ビースト』第3作(タイトル未定)の撮影を控えている。

本作で主人公ピーター・パンを演じるのは、長編映画デビューとなる新星アレクサンダー・モロニー。ウェンディ役には『バイオハザード: ザ・ファイナル』(2016)『ブラック・ウィドウ』に出演する、女優ミラ・ジョヴォヴィッチの実娘エヴァー・アンダーソンが起用された。共同脚本はロウリー監督作品を複数手がけるトビー・ハルブルックスが担当。Disney+作品ではなく、劇場公開作品として製作されるという。

あわせて読みたい

Sources: Variety, Justin Kroll

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly