Menu
(0)

Search

『ピーターラビット』キャスト、吹替声優まとめ ─ もふもふウサギとマグレガーさんの抗争

『ピーターラビット』
『ピーターラビット』© 2018 Columbia Pictures Industries, Inc., 2.0 Entertainment Financing, LLC and MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved. | PETER RABBIT and all associated characters ™

120年近くもの間、世界中から愛され続ける『ピーターラビット』が、2018年にはじめて実写映画化された。イギリスの湖水地方で暮らす、番幸せなウサギ、ピーターはたくさんの仲間に囲まれ、ビアという大親友もいる。ところがある日、マグレガーという潔癖症の都会男が隣に引越してきたことで、ピーターの生活は一変してしまう。これまでの幸せを守りたいピーターと、動物たちを追い払いたいマグレガーのデスマッチ(?)が始まる!

『ウサギ版アウトレイジ』『マッドマックス 怒りの湖水地方』といった感想も飛び出した本作。この記事では、モフかわなウサギたちや、動物たちに対抗するマグレガー、両者を見守るビアなど、本作の登場人物たちを演じた俳優・吹替声優をまとめた。気になる俳優や声優の経歴をチェックしてみよう。

ジェームズ・コーデン(ピーターラビット役)

Photo by Dominick D https://www.flickr.com/photos/idominick/16364434933/ Remixed by THE RIVER

1978年、イギリス・バッキンガムシャー出身。俳優をはじめ、脚本家、司会者、コメディアンとマルチに活動することで知られる。2012年の舞台『One Man, Two Guvnors(原題)』では、トニー賞主演男優賞を受賞。主な出演作には、マイク・リーによる『人生は、時々晴れ』(2002)のほか、『ヒストリーボーイズ』(2006)『イントゥ・ザ・ウッズ』(2014)『はじまりのうた』(2013)や「THE WRONG MANS/間違えられた男たち」(2013-2014)、『トロールズ』『ピーターラビット』シリーズでの声優業、『キャッツ』(2019)『ザ・プロム』(2020)など。2015年からは、アメリカの人気トーク番組「The Late Late Show」にて4代目の司会者を務めている。日本のテレビでも、グッチのブランドCMで見かけた方も多いはずだ。

吹替版声優 千葉雄大

俳優や司会、タレント、ファッションモデルなどマルチに活動する千葉雄大。主な代表作としては、初主演を飾った「天装戦隊ゴセイジャー」をはじめ、ドラマ「SUMMER NUDE」(2013)「きょうは会社休みます。」(2014)「家売るオンナ」(2016)「おっさんずラブ-in the sky-」(2020)、映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』(2016)『帝一の國』(2017)など。

ドーナル・グリーソン(トーマス・マグレガー/ジェレミー・フィッシャー役)

ドーナル・グリーソン
Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19673399772/ )

1983年、アイルランド・ダブリン出身。俳優であり父親であるブレンダン・グリーソンを見て、俳優を志すようになったドーナル・グリーソンは、ブロードウェイをはじめさまざまなドラマに出演し知名度を上げていく。映画作品としては、イーサン&ジョエル・コーエンによる『トゥルー・グリット』(2010)に出演し、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(2010)『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011)ではロンの兄役を演じる。リチャード・カーティス「アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜」(13)にて主演を務め、一躍有名となった。その後は、『ピーターラビット』をはじめ、アレックス・ガーランド『エクス・マキナ』(2015)、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ『レヴェナント: 蘇えりし者』(2015)など名だたる監督たちの作品に出演している。『スター・ウォーズ』シリーズではファースト・オーダーのハックス将軍役としてお馴染みだ。

吹替版声優 浅沼晋太郎/多田野曜平

ドーナル・グリーソンは、トーマス・マグレガーとジェレミー・フィッシャーの2役を演じている。

トーマス・マグレガー役の声優を担当したのは、浅沼晋太郎。アニメ作品としては、「ゼーガペイン」ソゴル・キョウ/十凍京、「みなみけ」タケル、「遊☆戯☆王5D’s」クロウ・ホーガン、「アクセル・ワールド」タクム / シアン・パイル、「ダイヤのA」倉持洋一、「Wake Up, Girls!」松田耕平、「暗殺教室」前原陽斗、「あんさんぶるスターズ!」月永レオなど、多数の話題作で重要な役どころを担当している。海外俳優の吹替としては、ニコラス・ホルトやポール・ダノ、アントン・イェルチンなど。

ジェレミー・フィッシャー役の声優を務めたのは、多田野曜平。クリント・イーストウッドをはじめ、ウィレム・デフォーやウディ・ハレルソン、ビル・スカルスガルド、スティーヴ・ブシェミ、アラン・テュディック、アーシフ・マンドヴィ、ウィリー・ガーソン、フランク・オズ(『スターウォーズ』ヨーダ役)を吹替では主に担当している。アニメ作品としては、『ミニオンズ』ケビン役、「リック・アンド・モーティ」(2013-)リック・サンチェス役など。

ローズ・バーン(ビア/ジマイマ・パドルダック役)

ローズ・バーン
Photo by Eva Rinaldi https://www.flickr.com/photos/evarinaldiphotography/8382392171/ | Remixed THE RIVER

1979年、オーストラリア・シドニー出身。10代の頃から映画や、さまざまなテレビドラマに出演する。『The Goddess of 1967(原題)』では、ヴェネツィア国際映画祭の女優賞に輝き、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002)では、パドメ・アミダラに仕えた侍女役を演じた。その後、ハリウッドでの活躍も徐々に増加し、『X-MEN』『インシディアス』『ネイバーズ』『ピーターラビット』シリーズをはじめ、『トロイ』(2006)『28週後…』(2007)などに出演。ドラマ「ダメージ」(2007-2012)では、エミー賞助演女優賞の候補入りも果たしていた。

吹替版声優 渋谷はるか/雨蘭咲木子

ローズ・バーンは、ビアとジマイマ・パドルダックの2役を演じている。

ビアの声を当てたのは、渋谷はるか。『ピーターラビット』シリーズのローズ・バーンをはじめ、『アバウト・タイム』レイチェル・マクアダムス、『アメリカン・スナイパー』(2014)シエナ・ミラー、『アンセイン』(2018)クレア・フォイ、『エージェント:ライアン』(2014)キーラ・ナイトレイ、『美女と野獣』レア・セドゥ(2014)、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)フェリシティ・ジョーンズなど、様々な大役の声を担当してきた。

ジマイマ・パドルダックの声を当てたのは、雨蘭咲木子。アニタ・ムイ、ジェニファー・ティリー、スー・チーをはじめ、『ザ・ダイバー』(2000)シャーリーズ・セロン、『ズーランダー』(2001)ミラ・ジョヴォヴィッチ、『マーズ・アタック!』(1996)のサラ・ジェシカ・パーカーなどの吹替を担当している。アニメ作品としては、「幽☆遊☆白書」「EAT-MAN」「BLUE DRAGON」などで声を当てた。

マーゴット・ロビー(フロプシー役)

マーゴット・ロビー
Photo by Eva Rinaldi https://www.flickr.com/photos/evarinaldiphotography/ Remixed by THE RIVER

1990年、オーストラリア・ゴールドコースト出身。2008年に映画『ダークネス・ビギンズ』、ドラマ「ネイバーズ」ではレギュラー出演を果たし豪州内で注目を浴びる。ドラマシリーズ「PAN AM パンナム」(2011-2012)で米国に進出。『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)でレオナルド・ディカプリオの相手役に抜擢されて、世界的にも知名度を高める。以降、『ターザン:REBORN』のヒロイン役や、『スーサイド・スクワッド』(2016)ハーレイ・クイン役に抜擢され、その地位を不動のものにしていく。『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2017)では、アカデミー賞主演女優賞に初ノミネート。そのほかの代表作には、『ピーターラビット』シリーズをはじめ、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)『スキャンダル』(2019)、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』(2020)など。今後の作品としては、『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(2021年8月13日公開)など。

吹替版声優 清水理沙

『ピーターラビット』シリーズでのマーゴット・ロビーをはじめ、エマ・ワトソン、エミリア・クラーク、リリー・コリンズなどが担当女優の声優。そのほかには、アリシア・ヴィキャンデル、アニャ・テイラー=ジョイ、ルーシー・ボイントン、トーマシン・マッケンジーなど。アニメ作品としては「進撃の巨人」「映像研には手を出すな!」などで声を当てた。

エリザベス・デビッキ(モプシー役)

エリザベス・デビッキ
Photo by Eva Rinaldi https://www.flickr.com/photos/evarinaldiphotography/6707398067/ | Remixed by THE RIVER

1990年、フランス・パリ出身。映画『華麗なるギャツビー』(2013)や、『コードネームU.N.C.L.E.』(2015)、『エベレスト 3D』(2015)『マクベス』(2015)で頭角を顕し、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)『クローバーフィールド:パラドックス』(2018)などの話題作に相次いで出演を重ねていく。『ロスト・マネー 偽りの報酬』(2018)や、ドラマ「ナイト・マネジャー」(2016)の演技が評価された。近年では、『ピーターラビット』シリーズのほか、クリストファー・ノーランによる『TENET テネット』(2020)にも出演。今後はNetflixドラマ「ザ・クラウン」を控えるほか、ドラマ「Code Name Hélène(原題)」で主演&製作総指揮を務める。

吹替版声優 木下紗華

エリザベス・デビッキとクリステン・スチュワートをはじめ、レイチェル・テイラー、テッサ・トンプソン、アナ・デ・アルマス、ヴァネッサ・カービー、ダコタ・ジョンソンなどの吹替を担当している。アニメ作品としては、「銀魂」「べるぜバブ」「レベルE」「SHAMAN KING」など。

デイジー・リドリー(カトンテール役)

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』記者会見

1992年、イギリス・ロンドン出身。2014年に『Scrawl(原題)』で長編映画デビュー。無名ながらも、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)の主人公レイ役に大抜擢され、つづく『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)にも出演。新人ながらも魅力あふれる演技で人々を惹きつけ、世界中から一目置かれている。声優としても、『ピーターラビット』シリーズや『おもひでぽろぽろ』(1991)などに出演。今後の作品としては、第二次世界大戦に翻弄される女性を描く『Women In The Castle(原題)』、『沼の王の娘』の映画化企画、Disney+(ディズニープラス)配信映画『Young Woman and the Sea(原題)』などが待機中だ。

吹替版声優 下田レイ

担当俳優としては、『ディセンダント』シリーズなどのキャメロン・ボイスをはじめ、『ピーターラビット』でのデイジー・リドリーなど。アニメ作品では、「進撃の巨人」「黒子のバスケ」「シルバニアファミリー ミニストーリー」などで声を当てた。

サム・ニール(マグレガーおじさん/トミー・ブロック役)

サム・ニール
Photo by sean.coo https://www.flickr.com/photos/33245259@N06/4560116480/ Remixed by THE RIVER

1947年、イギリス/アイルランド出身。ジリアン・アームストロングによる『わが青春の輝き』(1979)に出演したことをきっかけに、『オーメン/最後の闘争』(1981)で一躍有名となる。『ポゼッション』(1981)では迫真の演技を披露し、カンヌ国際映画祭にて、パルム・ドールにもノミネート。以降、スティーブン・スピルバーグによる『ジュラシック・パーク』シリーズや、ジェーン・カンピオンによる『ピアノ・レッスン』(1993)にて、その地位を不動にものにした。そのほかには、『ピーターラビット』シリーズの声優をはじめ、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)『トレイン・ミッション』(2018)『ブラックバード 家族が家族であるうちに』(2019)など。次回作としては、『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)』が控えている。

吹替版声優 糸博/こばたけまさふみ

サム・ニールは、マグレガーおじさんとトミー・ブロックの2役を演じている。

マグレガーおじさんの声優を務めたのは、糸博。アラン・アーキンやアンディ・ロマーノ、ケネス・ウェルシュ、デレク・ジャコビ、ブライアン・コックス、マイケル・ケインらをはじめ、多数の俳優陣の吹替を担当している。アニメ作品としては、「NARUTO -ナルト- 疾風伝」「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」など。

トミー・ブロックの声優を務めたのは、こばたけまさふみ。映画の吹替としては『ピーターラビット』シリーズをはじめ、『キングスマン ゴールデンサークル』(2017)『デッドプール2』(2018)『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)などに参加している。アニメの声優としては、「名探偵コナン」「クレヨンしんちゃん」など。

フェイサル・バッジ(ミスター・トッド役)

1982年、レバノン出身。国籍はオーストラリアのフェイサル・バッジは、多数の国内映画に出演。『The Merger(原題)』では、オーストラリア映画テレビ芸術アカデミー賞(AACTA)に候補入りを果たした。Netflixによるドラマシリーズ「ステートレス -彷徨の行方-」(2020)にも出演していた。同作は、オーストラリアの移民拘留センターを舞台にした作品だ。

吹替版声優 青山穣

スティーヴ・ブシェミをはじめ、『オリバー・ツイスト』(2005)マーク・ストロング、『ザ・スナイパー』(2005)ピアース・ブロスナン、『トラブル・イン・ハリウッド』(2008)スタンリー・トゥッチ、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのジェームズ・トールカン、『ローガン・ラッキー』(2017)ダニエル・クレイグなど数多くの俳優の声を当ててきた。アニメ作品としては、「ヘボット!」「アイシールド21」「NARUTO -ナルト- 疾風伝」「あひるの空(」「忍たま乱太郎」「遊☆戯☆王5D’s」「BLEACH」「SHIROBAKO」「TO BE HERO」など。

シーア(ティギーおばさん役)

SIA シーア
Photo by digboston https://www.flickr.com/photos/weeklydig/27236326891/ | Remixed by THE RIVER

1975年、オーストラリア・アデレード出身。素顔を明かさないことで知られる世界的なシンガーソングライター、プロデューサー、ヒットメイカーだ。グラミー賞に9回も候補入り果たすほか、ミュージック・ビデオ総再生数は70億を超え、そして自身が手がけた楽曲は映画主題歌に採用されることも多い。名実ともに世界を代表するアーティストだ。2019年には、フジロックフェスティバルのヘッドライナーとして初来日も果たしている。

吹替版声優 堀越真己

『パディントン』(2014)イメルダ・スタウントン、『アイ・アム・サム』(2001)のローラ・ダーン、『かぞくはじめました』(2010)のメリッサ・マッカーシー、『ゴッドファーザー』シリーズのダイアン・キートンなどの吹替を担当している。アニメ作品としては、「金田一少年の事件簿」「名探偵コナン」「へろへろくん」「はなかっぱ」「クレヨンしんちゃん」「カウボーイビバップ」「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」など。

コリン・ムーディ(ベンジャミン・バニー役)

オーストラリアの国立演劇学院を卒業し役者として活動を開始した。『ピーターラビット』シリーズの声優をはじめ、ドラマシリーズ「ミス・フィッシャーの殺人ミステリー」(2012-2015)や、映画『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』(2010)などに出演。『ブリジット・ジョーンズの日記』では美術部門で参加していた。

吹替版声優 吉田ウーロン太

吉田ウーロン太は、日本のお笑いタレント、俳優、脚本家、演出家として活動するかたわら、『スパイダーマン』シリーズのジェイコブ・バタロン、『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』(2014)のドナルド・フェイソンなど数多くの俳優の吹替も担当している。

『ピーターラビット』キャスト・声優一覧

キャラクター名 キャスト 日本語吹替声優
ピーターラビット ジェームズ・コーデン 千葉雄大
トーマス・マグレガー ドーナル・グリーソン 浅沼晋太郎
ビア ローズ・バーン 渋谷はるか
フロプシー マーゴット・ロビー 清水理沙
モプシー エリザベス・デビッキ 木下紗華
カトンテール デイジー・リドリー 下田レイ
マグレガーおじさん サム・ニール 糸博
ミスター・トッド フェイサル・バッジ 青山穣
ジェレミー・フィッシャー ドーナル・グリーソン 多田野曜平
ティギーおばさん シーア 堀越真己
ベンジャミン・バニー コリン・ムーディ 吉田ウーロン太
ジマイマ・パドルダック ローズ・バーン 雨蘭咲木子
トミー・ブロック サム・ニール こばたけまさふみ
ピーターの母 レイチェル・ウォード 杉山滋美
ピーターの父 ブライアン・ブラウン 東地宏樹

シリーズ最新作『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』は、2021年6月25日より全国公開中。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly