実写映画『ピーターラビット』特別映像「ミュージカル編」が公開に ─ 歌って踊るウサギたち、可愛すぎ…!

ベアトリクス・ポターによる世界的ベストセラー絵本を実写化した映画『ピーターラビット』より、ピーターたちウサギと動物たちが歌って踊る“ミュージカル編”の特別映像が公開された。

このたび公開された映像でテーマソング「I Promise You(アイ・プロミス・ユー)」を歌い上げるのは、『はじまりのうた』(2013)や『イントゥ・ザ・ウッズ』(2014)などで知られ、本作でピーターの声を演じるイギリス人俳優ジェームズ・コーデン。またピーターと三つ子の妹フロプシー(声:マーゴット・ロビー)、モプシー(声:エリザベス・デビッキ)、カトンテール(声:デイジー・リドリー)、そしていとこのベンジャミンの5匹が縦に並んでフォークダンスを踊る様子も収められている。

本作でメガホンを取るのは、ミュージカル映画『ANNIE/アニー』(2014)を監督し、洗練されたコメディセンスとエッジの利いた音楽で定評のあるウィル・グラック。今回は、自然の色鮮やかな草花に囲まれた素朴でうっとりするような風景をバックに、心躍る音楽を散りばめ、クスッと笑えてラストには胸がキュンとする愛らしいドラマを創り上げた。

ビアを演じるのは『X-MEN』シリーズのローズ・バーン、マグレガーを演じるのは『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)でハックス将軍を演じたドーナル・グリーソン。フロプシー、モプシー、カトンテール姉妹やいとこのベンジャミンなどおなじみの仲間のウサギたちのCGIは天才集団Animal Logicが手掛けたもので、表情や動きが最高にかわいらしくリアルに描かれる。

ピーターラビット

『ピーターラビット』ストーリー

ピーターは世界で一番幸せなウサギ。たくさんの仲間に囲まれ、画家のビアという心優しい大親友もいる。ところがある日、大都会ロンドンから潔癖症のマグレガーが隣に引越してきたことで、ピーターの生活は一変!今までの幸せを守りたいピーターと動物を追い払おうとするマグレガーとの争いはエスカレート。さらにビアへの恋心も絡まって思わぬ大事件に発展する。ピーターはあるミッションを秘め、初めてのロンドンへと向かうのだが……。

映画『ピーターラビット』は、2018年5月18日より全国ロードショー

『ピーターラビット』公式サイト:http://www.peterrabbit-movie.jp/

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。