Menu
(0)

Search

映画『ピーターラビット』続編が決定 ─ 監督も続投で2020年予定

ピーターラビット

世界中で愛されるピーターラビットを初めて実写映画化した『ピーターラビット』に、早くも続編が決定した。Celebretainmentが伝えた。

ソニー・ピクチャーズエンタテインメントの『ピーターラビット』は、アメリカで2018年2月9日に公開され、米国内で1億1,500万ドル、世界合計で3億2,700万ドルの興行収入を記録した。全米公開当時は『ブラックパンサー』が桁違いのパワーを見せていたが、ブルー・ジャケットがトレードマークのウサギはワカンダの黒豹の下を駆け抜け、3週連続2位の大健闘を見せていた。


ピーターラビット

続編は、アメリカで2020年2月7日、イギリスでは3月27日公開予定。ウィル・グラック監督の続投も伝えられた。

映画『ピーターラビット』日本では5月18日(金)より公開。『スター・ウォーズ』ファースト・オーダーのハックス将軍役で知られるドーナル・グリーソンが出演。声の出演には、同じく『スター・ウォーズ』レイ役のデイジー・リドリーや、『スーサイド・スクワッド』(2016)『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2018)マーゴット・ロビーはじめ豪華キャストが集った。今後も続く『ピーターラビット』の世界をより楽しむためにも、劇場公開をお見逃しなく。

『ピーターラビット』公式サイト:http://www.peterrabbit-movie.jp/

Souce:Celebretainment

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly