Menu
(0)

Search

「物語は今後15年で劇的に変わる」 ― 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』監督、最先端のストーリーテリングを語る

アンソニー&ジョー・ルッソ
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Anthony_and_Joe_Russo_by_Gage_Skidmore.jpg

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、マーベル・スタジオが2008年『アイアンマン』から着実に積み上げてきた、新しいストーリーテリングの形を象徴する作品だ。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の集大成たる本作では、過去10年間の作品を彩ってきたキャラクターが次々に登場し、過去作品から物語や作風をゆるやかに繋げて物語を展開していく。

「ゆるやかに」というのがポイントといっていいだろう。MCUにおいて映画は単独で成立していながら、しかし完全に独立しているわけでもない。物語が完全に繋がっているわけではないが、まったく繋がっていないわけでもない。異なるクリエイターが参加していることによってキャラクターの解釈も決して一通りには落ち着かない。どこからでも楽しめるが、あれこれ観たほうがもっとも楽しい……。従来の映画やドラマが取り組んできたものとは、まるで異なるストーリーテリングがここには存在するのである。

Netflix、マーベル・シネマティック・ユニバース、新しい物語の形

米Variety誌のポッドキャストにて、ジョー・ルッソ監督(アンソニー・ルッソ監督と共同)は、MCUや『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を成功に導いた現代のストーリーテリングのあり方を語っている。

「Netflixやマーベル、スター・ウォーズ。これらの目覚ましい革新は、観客がストーリーテリングの新たな形を熱望した結果です。過去100年間、僕たちは2時間、二次元のストーリーテリングにおいて素晴らしい時代を過ごしてきましたが、次の10年、15年で物語の語り方は劇的に変化すると思います
Netflixが金曜日に(ドラマ)番組を一気に10話公開するのは、10時間の物語という、語り方の新たな形でしょう。休みの日にそこから何か選べるわけで、だからみんな楽しんで観るんだと思います。これは(観客が)コンテンツを受容する新たな形で、彼らにとっては内容が予想しづらくなりますよね。」

ここで語られているのは、ドラマを週ごとに一話ずつ見せるのではなく、いわば“10時間の映画”として観客の眼前へ一気に叩きつけるやり方だ。観る側も時間をつくって「ビンジ視聴(一気見)」に臨むなど、めくるめくストーリーテリングの中に身を投じていくような体験を味わうことになる。従来テレビドラマの特徴だった、「次回は(来週は)どうなるんだろう」という感覚は時に重要視されなくなるのだ(ちなみにマーベルは『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』などドラマの世界でも新しいストーリーテリングを実践していることになる)。

ジョー監督は、マーベル・シネマティック・ユニバースにせよNetflixの“一挙配信”にせよ、観客が求めた結果として誕生したものだと主張する。しかし「目覚ましい革新」とともに様々なコンテンツが身の回りにあふれる現在、監督は、今や普通の観客でも「映画の内容を予想する能力が高度化している」という実感を抱いているようだ。
そこで『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を手がけた二人は、そんな環境下で観客といかに対峙するかに心を砕いたという。

「アンソニーと僕は(作品の)秘密を隠しておくことに多くの時間を費やし、ミスリードを誘うように予告編を編集し、情報を扱いました。何が起こるかを直感するのは、(観客にとって)いともたやすいことですから。」

ジョー監督は、こうしたストーリーテリングの最先端をひた走る本人でありながら、映画界に「ユニバース構想」が広がっていくことには警鐘を鳴らしている。「ユニバースは(物語の)新しい形です」だと言い切りつつも、彼は「シネマティック・ユニバースにしたからといって、全てを支えられるわけではありません」述べているのだ。

「アドバイスをするなら、新しい物語の語り方を探し続けるべきだ、ということになるでしょうね。観客の方はオープンだと思いますから。世代間で分裂は起こるものですが、新しい世代は、長らくみられなかったような形でストーリーテリングを進化させると思います。テクノロジーは成長していますし、彼らはYouTubeのほか、簡潔かつ簡単、流動的なソーシャルメディア上でコンテンツを摂取することにも慣れている。長い時間をかけて(コンテンツに)情熱を傾けるのも好きだと思いますしね。ユニバースを作らずにすむ(ストーリーテリングの)方法もたくさんありますよ。」

ルッソ監督は『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』をもってMCUを去るものとみられるが、その後、彼らはどんなやり方で物語を語っていくことになるのだろう? MCUの仕掛け人である、マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギの手を離れてからの活躍も楽しみだ。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国の映画館にて公開中

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://cpn.disney.co.jp/avengers-iw/

Sources: Variety(1, 2

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly