Menu
(0)

Search

パトリック・スチュワート主演「スター・トレック」新シリーズが製作始動 ― ジェームズ・マカヴォイ「回想の俳優は要らない?」

パトリック・スチュワート
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9360375657/

名優パトリック・スチュワートがジャン=リュック・ピカード艦長役として出演する、「スター・トレック」新ドラマシリーズの製作が本格的に開始されたようだ。パトリックのSNSにて、脚本家ルームでの様子を収めた写真が公開されている。

View this post on Instagram

The journey has begun. Kirsten Beyer, Michael Chabon, Akiva Goldsman, Diandra Pendleton-Thompson, James Duff, and yours truly. #StarTrek

Patrick Stewartさん(@sirpatstew)がシェアした投稿 –

パトリックがピカード艦長を演じたのは、1987~1994年に放送されたドラマ「新スタートレック」のほか、映画『スタートレック ジェネレーションズ』(1994)、『スタートレック ファーストコンタクト』(1996)、『スタートレック 叛乱』(1998)、『ネメシス/S.T.X』(2002)。
このたび製作される新ドラマの詳細は、タイトルや放送予定時期も含め明かされていない。ただしプリクエルやリブート作品ではなく、「新スタートレック」を踏まえて、ピカード船長の新たな物語が描かれるという。

新シリーズを手がけるのは、「スター・トレック:ディスカバリー」(2017-)のエグゼクティブ・プロデューサー&新ショーランナー(制作統括)であるアレックス・カーツマン氏。製作を担当する米CBS局はカーツマンと5年間の契約を結んでおり、「スター・トレック」シリーズの中長期的な拡張展開も示唆されている。

なお脚本家ルームのメンバーとなっているのはアレックスのほか、「クローザー」(2005-2012)のジェームズ・ダフ、「スター・トレック:ディスカバリー」のアキヴァ・ゴールズマン&カーステン・ベイヤー、『ジョン・カーター』(2012)のマイケル・シェイボン、短編映画の脚本を手がけてきたディアンドラ・ペンドルトン=トンプソンだ。

ちなみにパトリックの投稿には、ある意外な人物から反応がなされている。『X-MEN』シリーズでパトリックが演じてきたチャールズ・エグゼビア/プロフェッサーX役を同じく担っているジェームズ・マカヴォイだ。

https://www.instagram.com/p/BoHlVXWDfCa/ スクリーンショット[2018年9月26日18時現在]

ジェームズはパトリックの投稿に対して、「回想シーンの俳優は要りませんか?」「僕には経験があるし、サインに役立つんですよね」とレスポンスを投稿。もちろんジェームズなりのジョークと思われるが、『X-MEN』につづいて「スター・トレック」でもジェームズが“若き日のパトリック”を演じるとなれば、これは確実に見ごたえがあるものとなるにちがいない…!

パトリック・スチュワートがピカード艦長を演じる、ドラマ「スター・トレック」新シリーズの放送時期は不明。

Source: Patrick Stewart
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly