『マイティ・ソー バトルロイヤル』闘技場スーツの初期アートが公開される

マーベル・シネマティック・ユニバース作品、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)より、闘技場シーンのコスチュームに関する初期コンセプトアートが公開された。これはコンセプトアーティストのアレクシ・ブリクロット氏がInstagramにて公開したものだ。

 

アレクシ氏は2018年1月にも闘技場のスーツのコンセプトアートを公開していた。『マイティ・ソー バトルロイヤル』では映画全編を通してアーティストのジャック・カービーによるアートが参照されているが、これはタイカ・ワイティティ監督たっての希望だったという。

いずれのアートに描かれているデザインも、映画本編のスーツとは大きく異なる。制作にあたって、デザインの紆余曲折を感じさせるものといえるだろう。こっちのスーツで戦うソーの姿も見てみたかった…?

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』MovieNEXは発売中。

Sources: Aleksi Briclot(1, 2)

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。