Menu
(0)

Search

ポー・ダメロン役オスカー・アイザック、フィンのロマンスに嫉妬「見るのが辛い」『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

スター・ウォーズ/最後のジェダイでレジスタンスのエース・パイロット、ポー・ダメロンを演じるオスカー・アイザックが、劇中で相棒となるキャラクター、フィンのロマンスにほのかな嫉妬心を見せた。英国アカデミー賞トークイベントで語った

注意

この記事には、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレ内容が含まれています。

オスカー・アイザック演じるポー・ダメロンは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)でファースト・オーダーの脱走兵、フィン(ジョン・ボイエガ)と偶然出会う。意気投合した2人はファースト・オーダーを共に脱走し、ポーはその最中でFN-2187の識別番号しか持たぬフィンにその愛称を与えた。以来2人は共に戦う相棒のような存在となり、『最後のジェダイ』(2017)でもそのブラザーシップを見せた。

戦火の中でそれぞれの任務に邁進する2人だが、最新作『最後のジェダイ』はフィンに思わぬロマンスをもたらした。整備クルーのローズ・ティコと任務の中で絆を深め、クライマックスとなるクレイト戦ではすんでの所でフィンの捨て身特攻を食い止めたローズが、フィンにキスをしたのだ。ポー・ダメロンを演じるオスカー・アイザックは、このキスに対する複雑な想いを明かしている。

「僕の相棒(my man)が誰かとキスしているのを見るのは、ちょっと辛いですね。でも、まぁ、どうにもできないことだってあるし…。時には、見たくないもの見せられる時もありますからね。」

『フォースの覚醒』より盛り上がったポーとフィンの男の友情は、密かにフィンに思いを寄せるローズの登場でどのように変化していくのか…。レジスタンスとファースト・オーダー、ジェダイとシスの壮大な物語の傍らで、市井のキャラクターが起こす”火花”にも注目したい。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は全国の劇場で公開中。

※お詫びと訂正
記事初出時、フィンの識別番号をFN-2199と記載しておりましたが、正しくはFN-2187の誤記でした。お詫びして訂正申し上げます。

Source:http://comicbook.com/starwars/2018/01/09/star-wars-the-last-jedi-finn-poe-romance-rose/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly