ポー・ダメロン役オスカー・アイザック、フィンのロマンスに嫉妬「見るのが辛い」『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でレジスタンスのエース・パイロット、ポー・ダメロンを演じるオスカー・アイザックが、劇中で相棒となるキャラクター、フィンのロマンスにほのかな嫉妬心を見せた。英国アカデミー賞トークイベントで語った

注意

この記事には、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレ内容が含まれています。


オスカー・アイザック演じるポー・ダメロンは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)でファースト・オーダーの脱走兵、フィン(ジョン・ボイエガ)と偶然出会う。意気投合した2人はファースト・オーダーを共に脱走し、ポーはその最中でFN-2187の識別番号しか持たぬフィンにその愛称を与えた。以来2人は共に戦う相棒のような存在となり、『最後のジェダイ』(2017)でもそのブラザーシップを見せた。

戦火の中でそれぞれの任務に邁進する2人だが、最新作『最後のジェダイ』はフィンに思わぬロマンスをもたらした。整備クルーのローズ・ティコと任務の中で絆を深め、クライマックスとなるクレイト戦ではすんでの所でフィンの捨て身特攻を食い止めたローズが、フィンにキスをしたのだ。ポー・ダメロンを演じるオスカー・アイザックは、このキスに対する複雑な想いを明かしている。

「僕の相棒(my man)が誰かとキスしているのを見るのは、ちょっと辛いですね。でも、まぁ、どうにもできないことだってあるし…。時には、見たくないもの見せられる時もありますからね。」

『フォースの覚醒』より盛り上がったポーとフィンの男の友情は、密かにフィンに思いを寄せるローズの登場でどのように変化していくのか…。レジスタンスとファースト・オーダー、ジェダイとシスの壮大な物語の傍らで、市井のキャラクターが起こす”火花”にも注目したい。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は全国の劇場で公開中。

※お詫びと訂正
記事初出時、フィンの識別番号をFN-2199と記載しておりましたが、正しくはFN-2187の誤記でした。お詫びして訂正申し上げます。

Source:http://comicbook.com/starwars/2018/01/09/star-wars-the-last-jedi-finn-poe-romance-rose/

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。