Menu
(0)

Search

米ハズブロ、『パワーレンジャー』新作映画を進行中 ― 2017年版の続編となる模様

(c)2017 Lions Gate TM

2018年5月、人気特撮ヒーローシリーズ「パワーレンジャー」の権利を買収した米国の大手玩具メーカー・ハズブロ社が、映画『パワーレンジャー』の新作を企画していることがわかった。同社は映画や玩具、ゲームなど複数のメディアにまたがる「パワーレンジャー」の新展開を計画していることを明かしていたが、具体的な企画について公式に言及されるのは今回が初めてだ。

ライセンシング・ビジネスの業界団体LIMA(Licensing Industry Merchandiser’s Association)が発表した資料によれば、ハズブロは『パワーレンジャー』の新作映画を今後制作する見込みで、作品は2017年版『パワーレンジャー』の続編になるという。2017年版を製作したのは、当時「パワーレンジャー」の権利を有していた米サバン・エンターテインメント(サバン・ブランド)だった。したがってハズブロによる再映画化が同作の続編となるのか、はたまた早速のリブートとなるのかは不透明だったのである。今回の発表は、2017年版のファンにとって、まずは大きな朗報だ。

(c)2017 Lions Gate TM
(c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.

THE RIVERは2017年6月時点で、2017年版のプロデューサーであるブライアン・カセンティーニ氏から続編の話題を引き出すことに成功していた。ブライアン氏がハズブロによる続編に携わるかどうかは不明だが、当時の構想によれば、続編はグリーン・レンジャーことトミー・オリバーをフィーチャーする内容になるという。

ハズブロは2019年を「パワーレンジャー」の移行期間と捉えており、同年3~4月に新商品を、また中頃までに既存の商品を米国で発売していくとのこと。ブライアン・ゴールドナーCEOによれば、その他の新商品やコンテンツは2020年以降に登場するということだ。

なお2017年版『パワーレンジャー』の出演者は、たとえばレッドレンジャー役のデイカー・モンゴメリーがドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016-)の主要キャストを務めている、ピンクレンジャー役のナオミ・スコットが実写映画版『アラジン(邦題未定、原題:Aladdin)』や『チャーリーズ・エンジェル』新作映画の主要キャストに抜擢されるなど、それぞれにブレイクを果たしつつある。おそらく続編の企画は初期段階とみられるが、メインキャストが多忙になれば、再集結には少し時間を要することにもなるだろう。

映画『パワーレンジャー』ブルーレイ&DVDは発売中。

Source: LIMA
(c)2017 Lions Gate TM

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly