『パシフィック・リム:アップライジング』監督、スーパーマン映画に興味?一転「ザック・スナイダーに撮ってほしい」

映画『パシフィック・リム:アップライジング』(2018年4月公開)のスティーヴン・S・デナイト監督が、DCコミックスのスーパーマン映画『マン・オブ・スティール』(2013)続編についてコメントを発している。

パシフィック・リム:アップライジング

©THE RIVER

スーパーマン映画に興味?それとも……

きっかけとなったのは、とあるファンがデナイト監督に「あなたはコミック・ファンですよね。もしも状況が整ったら、『マン・オブ・スティール2』を監督したいと思いますか?」と質問したことだった。この問いかけに、監督は“Up, up and away!”とだけ答えている。

“Up, up and away!”とは、コミックでスーパーマンが飛び立つ前に口にする、いわば名ゼリフのひとつ。デナイト監督はあくまで明言を避け、ジョークとしてのレスポンスを示したわけだが、米メディアCinemaBlendは、この投稿について「デナイト監督が『マン・オブ・スティール』続編を撮りたがっている」と記したのだった。

すると、別のファンがデナイト監督に「こんなこと書かれてますよ!」と投げかける事態に発展。そこで監督は、ついに自分の意志をはっきり語るに至ったのである……。

「なんてことだ。『マン・オブ・スティール2』の監督に興味があるかと聞かれて、“Up, up and away”と答えただけなのに。僕は、ザック・スナイダーが撮る続編を観たいですよ。彼の仕事が大好きですから。

『マン・オブ・スティール』を手がけたザック・スナイダーは、その後も『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)、『ジャスティス・リーグ』(2017)と、ヘンリー・カヴィル扮するスーパーマンを撮り続けてきた。残念ながら『ジャスティス・リーグ』を途中降板したのち、DC映画ユニバースに復帰するかどうかは不明だが、一般にも業界内にも、彼の撮るスーパーマンを観ていたいというファンは少なくないというわけだ。

なお『マン・オブ・スティール』続編については、『キングスマン』シリーズのマシュー・ヴォーン監督がワーナー・ブラザースとの交渉に入ったことが伝えられていた(ただし、その後の状況は不明)。
『パシフィック・リム:アップライジング』のデナイト監督は、マーベル・コミックのヒーローを新たに生まれ変わらせたNetflixドラマ『Marvel デアデビル』シーズン1(2015)を手がけた経歴の持ち主。スーパーマンを撮る候補者に名前が挙がっても不思議ではないが、いつか本当に実現する日はやってくるのか……?

映画『パシフィック・リム:アップライジング』は2018年4月全国ロードショー

Sources: http://comicbook.com/dc/2018/01/28/man-of-steel-2-director-steven-s-deknight-zack-snyder/
https://www.cinemablend.com/news/2302962/one-marvel-veteran-wants-to-direct-man-of-steel-2
©THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。